最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

チューリップと一緒に写真に収まった猫、翌日に亡くなり悲劇の1枚に(英)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペットを飼う際、その動物について十分な知識を持たなければならないことを思わせるような不慮の事故がイギリスで起こった。飼い猫が突然中毒を起こしてしまったのだが、飼い主はそれが自宅に飾っていたチューリップのせいとは気付かなかったのだ。英メディア『The Sun』などが伝えている。

英ノーフォーク州ゴーレストンに住むジュリエット・チドロウさん(Juliet Chidlow)は先月24日、6歳になる愛猫の“キキ”と永遠の別れを迎えた。その前日、ジュリエットさんはチューリップを花瓶に生けてリビングのテーブルに飾っていた。

興味を示したキキはチューリップのそばにチョコンと座り、ジュリエットさんはその愛らしい姿を撮影した。しかしこれが、後に悲しい思い出の1枚となってしまうことは想像もしていなかった。

ジュリエットさんがキキの異変に気付いたのは、翌朝のことだった。バスマットで寝ていたキキは弱々しく起き上がり、明らかにいつもと動きが違う。すぐに娘エラさん(Ella、12)と一緒にキキを動物病院へと連れて行った。

診察の結果、キキはチューリップで中毒を起こし腎臓の機能が低下していることが分かった。しかし既に手の施しようが無い状態だったため、ジュリエットさんとエラさんは40分ほど話し合い、泣く泣くキキを安楽死させることに決めたのだった。

愛するペットと突然の別れを迎えなければならない―その気持ちは尋常ではなかったことだろう。ジュリエットさんは当時のことをこのように話している。

「チューリップを買ったことは、これまで2回ほどしかなかったと思います。私はそれを買って自宅に帰り、ソファーで仕事をしていました。するとキキが雑誌のモデルのようにチューリップの横でポーズをとったので、私はすぐにその瞬間を撮影しました。」

「写真のキキの目線はチューリップに向いています。ベストショットだと思っていましたが、悲しいことにキキの最後の写真となってしまいました。この時、私はチューリップが猫にとって有毒だとは知らなかったのです。」

「キキはおそらく誰も見ていない時に、口にしてしまったのでしょう。翌日の朝にキキを抱きしめてあげようとしたのですが、元気がなくお尻が濡れていました。その原因が家の中にあるのではと考えて、ようやく気付きました。ユリの花が猫にとって有害だと知っていた私は、チューリップが原因に違いないと悟ったのです。」

「娘のエラにとって、この経験は一生忘れられないような辛い出来事になってしまいました。エラはキキを亡くして以来、ベッドに入っては泣き、泣き疲れて眠ってしまうという状態でした。」

このニュースを知ったネットユーザーからは「チューリップが猫に有害だとは知らなかった」「猫のためにチューリップは買わないようにするよ。悲しい話だけど教えてくれて助かった」といった声があがっている。

また今回の事故について「動物虐待防止協会(Society for the Prevention of Cruelty to Animals)」では、「家に持ち込む物に対して、それがペットにとって有害でないことを常にチェックするよう飼い主にアドバイスしています」と語っている。

画像は『The Sun 2018年3月30日付「KILLED BY TULIPS Mum posts ‘cute’ pic of beloved cat posing next to tulips – only for flowers to kill pet 24 hours later」(IMAGE: MERCURY PRESS)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス