最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ちゃんと見抜きましょう!「結婚前提の恋」をしたいときに選ぶべき男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「次に付き合う人とは結婚をしたい」と考えているのなら、男性の選び方も慎重になるでしょう。

恋人としてよりも結婚相手としてふさわしい男性かどうか、ちゃんとチェックしなければいけません。

そこで今回は、「結婚前提の恋」をしたいときに選ぶべき男を紹介します。



■ ■結婚を「意識している」

そもそも結婚を全く意識していない男性と付き合っても、結婚へと向かっていけるという確証はありません。
男性は結婚を意識していても、いざ本当に決心をするまでには多少時間が必要であったりもするので、意識していない状況から結婚までたどり着くのには、時間もかなりかかるかも。

結婚に前向きであるか、結婚をしたいという気持ちはあるのかというのは、まずチェックするべき点です。
付き合ってしまう前に、それとなく結婚に対する考えを聞いたりして探りを入れてみることも大事でしょう。

■ ■「自分優先」ではない

どんなときでも常に自分のことを優先させるような男性は、結婚相手として見ると、ちょっと厳しい男性かもしれません。
結婚生活はふたりで助け合いながら色んな苦難も乗り越えていくもの。

でも、自分優先の男性だと、自分のことしか考えていない行動も多くなるので、奥さんが苦労することになる可能性も高いです。
逆に、自分のことよりもまずはあなたのことを優先させてくれるような男性であれば、「奥さんを大事にしてくれる素敵な旦那さん」になる姿が想像できたりもするでしょう。

■ ■「違い」も受け入れてくれる

結婚相手の条件として、「価値観や考え方が同じ人」という点を挙げる女性は多いです。
確かにそれは重要なポイントですが、価値観が同じ人というのはそう簡単に見つかるものではないし、全く同じ人など存在しないかもしれません。

むしろ、違っている部分を受け入れてくれる相手かどうかの方が大切になってくるもの。
いつまでも一緒にいられるような夫婦になるには、違いも認め合えて、違いを楽しめるような男性を探した方がいいでしょう。

■ ■いざというときに「頼りになる」

いざというとき、緊急事態に陥ってしまったとき、どういう行動を取るのかは最も重要視するべき部分です。
そういう状況では、その人の本性が見られたりもするもの。

何よりもまずあなたを守ってくれて頼りになる男性だったら、結婚してもし家族がピンチになっても、何とかして救ってくれようとするはず。
いざというときに何もできなかったり、逃げて責任逃れをするような男性だけは、結婚相手に選んではいけませんよ。

■ おわりに

結婚は恋愛とは違い、日々の生活を共にしていくものです。だからこそ、ずっと一緒に暮らしていくことができる男性かどうかは、付き合う前に見極めておかないと、後悔することにもなりかねませんよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス