映画の新境地「重震シアター」が安城コロナワールドに登場!

Walkerplus

2018/4/10 21:23

2018年4月13日(金)、「安城コロナワールド」(愛知県安城市)内にある「安城コロナシネマワールド」に、県内の映画館では初となる重低音サウンドに特化した「重低音×震動シアター(重震シアター)」が導入される。

■ 「重震シアター」ってなに?

「重震シアター」とは“音”と“振動”によって、より深い臨場感を感じながら映画鑑賞ができる最新システム。通常の上映時に比べて音量を上げ、音響にライブ用サブウーハー「Electro-Voice X12-128」を追加し、体の奥まで響くような“音”が楽しめる。また、重低音にシンクロして震動する「バットキッカー(座席震動発生装置)」を全席に搭載。サブウーハーと震動シートの相乗効果によって、通常の映画鑑賞と比べてより一層の迫力が感じられそうだ。なお、「重震シアター」による追加料金はない。

■ 「重振シアター」で楽しめる話題の映画!

「安城コロナシネマワールド」で、最初に「重震シアター」を体感できる作品は、同日より公開されるSF映画「パシフィック・リム:アップライジング」。さらに4月27日(金) 公開のアクション映画「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」にも対応する。どちらも迫力のある映像が期待できるので、新システムを体感するならまさにぴったりだ。より臨場感のある映画を楽しみたい人は「安城コロナシネマワールド」に足を運んでみよう!(東海ウォーカー・角優月)

https://news.walkerplus.com/article/143258/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス