最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【モンペと呼ばないで!】バレエ教室で「娘だけ裸足練習」……これは指導なの、虐待なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園、幼稚園、小学校、おけいこ事の教室などでは、日々子どもの保護者と施設側の間でトラブルが発生している。ほんの些細なことでも、自分のこと以上に気になってしまうのが親心というものなのか。わが子のことを思ってとクレームを入れるママもいれば、モンペと呼ばれることを恐れて我慢するママも。そんなトラブル事例とママの葛藤をつづる。

新たなスタートの時期となる4月に、子どもの習い事デビューをさせるママは多い。少子化と叫ばれて久しいが、保育園の待機児童問題と同様に、人気の習い事に子どもたちが集中し、中にはキャンセル待ちとなるところもあるという。特に都心部では、治安や近隣への騒音問題により、公園遊びも気軽にできない風潮があるため、園庭を持たない保育所に通っている園児たちのママは、「運動させよう」と、体操教室や水泳教室に子どもを通わせるようになるのだ。都内で4歳になる男児を育てている30代の朱莉さん(仮名)は、3歳になったのをきっかけに、息子を水泳教室に通わせるようになった。

「実は、水泳教室の定員に空きがなく、半年キャンセル待ちをして通えるようになりました」

朱莉さんは、息子が通う予定の小学校では、水泳の授業が“泳げる子”と“泳げない子”に分けて行われるというウワサを聞いたそうだ。通っている保育園にはプールがないので、「夏場は水浴びしかできないんです。このまま泳げないで小学校に通うようになると、いじめられるのではないかと心配になり、入会しました」。

こうして念願の水泳教室に子どもを入れた朱莉さん。しかし、ママ友トラブルの“火種”を目撃し、頭を悩ませるようになったという。

「うちは3歳から習い始めたのですが、中には赤ちゃんの頃から親子スイミングに通っている子もいます。水泳教室の見学室は、そういった長期間通っているママさんがスペースを陣取っている状況なんです。ジムの人から『終わった人は早く退散してください』と言われても、お菓子を広げた状態で、平気な顔で座っているママさんグループもいます」

土曜クラスの時には、午前と午後の幼児クラスのママたちで見学室が満杯になるという。彼女は一度、水泳教室に「妊娠中のママさんが座れないで立っていたことがある」とクレームを入れたものの、「いろいろな方がいるので難しいですが、改善します」という一言だけ。保育園や幼稚園とは違い、習い事教室にとって、生徒とその保護者は、 完全に“お客様”である。そのため施設のスタッフも、マナー違反のママたちに強く言えない面があるのかもしれない。

習い事をめぐって、ママたちが不満を爆発させるケースは後を絶たない。小4の女児を持つ専業主婦の真央さん(仮名)は、乳児の頃から娘を水泳教室に通わせている。

「専業主婦だったため、幼稚園に入園する前から親子スイミングに通い始めました。子どもが小学校の高学年になると、親は送迎だけ同行して、見学室に残らないで帰る人も多いですが、私は心配なのでレッスンを見ています」

真央さんの娘は、タイムは遅いものの、クロールを得意の泳法といえるレベルまでマスターしていたという。しかし、定期的に行われる進級テストで、娘だけが不合格に。見学室からその様子を覗いていた真央さんは、納得がいかなかったそうだ。

「うちの子は、ほかの子よりは遅いですが、泳げていたんです。なのに、同じクラスの子たちが合格して、娘だけが不合格。娘に聞いても、不合格になった理由がわからず、受付を通じてコーチに抗議しました。理由も言わないで不合格にするなんて、明らかにわざとだとしか思えないです」

この進級テストは、3カ月で1級上がることを目安に作られているという。次のテストでは合格できたらしいが、クロール以外の泳法で不合格となったという。

「そもそも、1クラスに生徒が15人ほどいるので、詳しく教える時間が足りないと思うんです。 合格基準を水泳教室の担当者に聞いたら、『練習が足りないのならクラスを増やしてください』と冷たくあしらわれました」

習い事でのトラブルは、“辞める”という手段が選べるため、長期化しない傾向がある。もしかしたら、水泳教室内のママたちの入れ替わりは、思いのほか早いのかもしれない。

女児のママに人気の習い事といえば、情操教育であるピアノやダンスなど。中でも、クラシックバレエは姿勢が良くなり、礼儀正しくなるというプラスのイメージが強い。4歳の女児のママである香織さん(仮名)は、俗に“習い事解禁”といわれる3歳になると、バレエ教室を探し始めた。

「私自身がバレエに興味があったものの習えずじまいだったので、子どもにはぜひって思っていたんです。いくつか教室を見学し、近所にある個人の先生が教えているところに決めました」

教室見学をした時に、20年以上の歴史ある教室だという説明を聞き、娘を通わせる決心をした香織さん。この教室は、親には練習風景を一切見せないという方針だった。

「娘はまだ1人で着替えたりするのができないので、レッスンのはじめと終わりは教室について行っていました。レッスン中の飲み物は水だけという説明があったのですが、水が苦手な娘には、ジュースの入った水筒を持たせていたんです。なのに、レッスンが終わると、ものすごい勢いで私が持参した飲み物を飲んだりするので、おかしいなと思って娘に聞いてみると、休憩中の飲み物が水しか飲むことが許されなかったため、ずっと飲まずに過ごしていたみたいで……」

このことがきっかけで、香織さんは教室に猛抗議した。

「子どもが脱水すると、命に関わるじゃないですか。それに、足の裏が汚れているのに、バレエシューズが綺麗なのも気になったので聞いてみると、『足の感覚をつかむため』という理由で、うちの子だけ裸足で踊らされていたみたいなんです。『スタジオの床は冷たいのに、裸足でいさせるって虐待だ』と言いました」

こうしたトラブルにより、バレエ教室のママたちから浮いてしまったという香織さん。

「バレエ教室では先生が絶対なので、『これくらい当たり前だよ』と言われました。みんな2年に一度開催される発表会で、子どもに良い役をもらいたいらしく、言いづらいようです」

結局、教室を辞めることを決意したが、前もって納入していたレンタルスタジオの代金や、発表会のための積立金は返してもらえなかったという。

「『そういう契約です』の一点張りでした。最近、生徒が少なくなっているのもあって、1人当たりの設備費などの負担が大きくなっているようです。私みたいな被害者が出ないように、ネットのお稽古事サイトには、口コミを投稿しました」

天才児と呼ばれる子どもの育成には、習い事をはじめとする早期教育が必要と考える親が多い。その投資には、『これだけ支払ったのだから、言う権利はある』という本心が見え隠れしているようだ。
(池守りぜね)

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス