最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

壇蜜、”銅像好き”を告白!日本美術への思いを語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本美術史上「名作」と呼ばれる作品が集結した特別展「名作誕生-つながる日本美術」が、東京国立博物館で4月13日(金)から5月27日(日)まで開催される。今回、その音声ガイドでナビゲーターを務める壇蜜に、音声ガイド収録でのエピソードや日本美術への思いなどについて語ってもらった。

――音声ガイドを担当した感想はいかがでしたか。

難しかったです。ナレーションの経験はあるので、同じようにお勤めできるかなと思っていたのですが、慢心でした。ガイドの音入れは抑揚を付けながら正確に発音する必要があるのですが、感情をあまり入れてはいけないので、熱を入れないまま伝わりやすく話すことに難しさを感じました。スピードにおいてもゆっくりやれば間延びしてしまうし、速めてしまえば詳しい部分が伝わらなくなってしまうので。

私自身は音声ガイド利用派で、音声ガイドそのものは知りたいという気持ちに答えてくれる大事なアイテムだと思っています。私と同じように音声ガイドを使われる方は、探究心のある方やもっと詳しく作品を見たいという前向きな気持ちがある方だし、一つの作品の前にとどまる時間が音声ガイドを持っていない人に比べて絶対に長いので、その熱心さをより引き出したいと思いながら臨みました。でも、体温を声に入れてはいけないというのは、ジレンマをすごく感じましたね。

――美術鑑賞されるということですが、どんなジャンルに関心をお持ちですか。

私は銅像や陶芸が好きです。特に銅像は本当は生きているのではと思っていて、命はないのに命のあるように見える存在だと捉えています。

昔、銅像が何を考えているのかを想像している人の漫画があって、私も同じことを考えていると共感したことがあるんです。絵とか彫り物とは違う、人が人を作るというある種の究極の表現みたいな感じがして、すごいなって。だから、銅像を見ると何を考えているのか想像してしまうんです。

――そんなに興味があるのでしたら、銅像を作ってみたいと思ったことがあるのでは?

はい。確か和歌山県の近くに、注文すると銅像を作ってくれるところがあるそうなんです。そこで私も銅像づくりに参加させていただけないかなと思っていて。もし、作れるなら肉感的な女性に壺を持たせてその下に池を作ってみて、壺から水も出るようにして、それを「じょんじょろの池」と名付けて愛でてみたいと思います(笑)。

――制作への関心が強いんですね。学生時代の美術の授業ではどのような作品を作られましたか。

高校生の時にオルゴールを作る授業で、オルゴールの表面を彫刻刀で彫って浮き彫りにしていく作業がありまして、私は小さな鳥を彫ったんですが、やっているうちにすごく気合が入ってしまって、鳥が3Dみたいになってしまったんです。それで、先生から彫り過ぎだよと言われたことがあります(笑)。

他にも、デッサンで水彩画なのに下書きの鉛筆で陰影を付け過ぎてしまって色を塗れなくなってしまったり。なぜかやっているうちに夢中になってしまうんですよね。ただ、趣旨が変わってしまうから成績はあまり良くなかったですけど(笑)。

――ちなみに、いま制作中のものはありますか。

ヤーガン族というすごく寒い地域なのに服を着ないで暮らしていた民族があるんですけど、その民族の人たちは体にペイントを施していて、その技術が素晴らしいんです。私はそれをスケッチして少しパロディーっぽく描くことをやっています。

フリクションの赤だけで描いているのですが、ウルトラ怪獣みたいな格好をしている人たちなので描きがいがあって面白いです。フリクションのインクで埋めていく瞬間とかがすごく楽しいですね。

――今回音声ガイドをやってみた中で、日本の美術について発見したことはありますか。

昔の方は大きな使命や命を懸けてものすごくシビアな世界で作品に取り組んでいることが分かりました。もちろん好きで作っているというのもあると思うんですけど、それ以前に自分の命を削って産みの苦しみを作品にもぶつけながら描いているんだと感じました。

でなければ、作品はこういう風にたくさん生まれないし残らない。美術の表現をする人たちの生涯は、順風満帆な人生とはいえない方が多いですから、その苦しみが具現化したものなのかもしれません。

やはり命を燃やしてやらないと何でもいい結果は出ないと思いますし。私もそういう考え方は仕事に生かしているつもりです。ただ殿様から脅されることがないので、少し私の方が甘いと思います(笑)。

――日本舞踊の師範でもある壇蜜さんからみて、日本舞踊と日本美術にある共通点とは何ですか。

正解がないところは、日本舞踊もこの世界も同じだと思います。実際に見ないと分からないと思いますが、白黒なのに派手、色とりどりなのに地味という世界観が日本美術にはあって、それは日舞の世界にもあるんです。背景も衣装も髪型も派手なのに目になじみやすく落ち着いたものに見えたり、「東をどり」と言って白と黒の着物に白塗りの化粧をしているだけなのに、周りが派手で華やかに見える。

作品と作者と受け取り手の人が持つ感じ方の違いに正解も不正解もない、それぞれが違う感じ方を持っていい世界という部分は、日舞と少し似ていると思います。

――では、混雑してしまうほど人気のある特別展で、上手に鑑賞して回る方法や工夫しているポイントがあったら教えてください。

気配を消すためになるべく地味な服を着ていくことを心掛けています。私の場合は、失礼でない程度に眼鏡をかけたり帽子を被ったりして、敢えて自分の気配を消すような施しをしています。

作品と自分だけの世界を作るために飾ってはいけないというルールを自分に課しているので、ヒールのような靴は絶対に履きません。すると、周りのざわざわした感じが気にならなくなるので、音声ガイドも利用しながら集中しています。

後は、意外とミュージアムグッズが気になってしまうので、お土産屋さんにいる時間を大切にしていますね(笑)。

――来館者の方にメッセージをお願いします。

日本美術を知るチャンスなので、知りたいという気持ちを美術展へ足を運ぶ原動力にしていただければと思います。私は音声ガイドという形でささやかですが携わらせていただきました。損はして欲しくないと思っていますので、美術と作り手と受け取り手の中で、自分だけの正解を見つけに来て欲しいなと思います。(東京ウォーカー(全国版)・永田正雄)

https://news.walkerplus.com/article/142540/

外部リンク(Walkerplus)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス