名曲・嘆きのボインでブレーク「スケベの神」月亭可朝死す

まいじつ

2018/4/10 19:30

(C)Kaspars Grinvalds / Shutterstock
(C)Shutterstock

カンカン帽をかぶった破天荒な落語家の月亭可朝さんが3月28日、急性肺腺維症のために兵庫県内の病院で亡くなった。享年80歳だった。

月亭可朝といえば1969年(昭和44年)に大ヒットしたコミックソング『嘆きのボイン』だ。この歌は当時、MBSラジオから大阪府箕面市内のプールでのイベントに出演するよう請われて歌ったことがきっかけで誕生したという。前夜に麻雀をしながら何をやろうかと考え、「プールやから水着やし、ボインや」と連想して一気に考え、歌うと予想外に受けた。レコード化もすぐに決まったそうだ。

「カンカン帽をかぶってギターを手にし『ボインは赤ちゃんが吸うためにあるんやで~ お父ちゃんのもんと違うんのんやで~』という歌詞は衝撃的で、一世を風靡しました。可朝さんの代名詞ですから、今回、亡くなられたニュースを伝えるときは、どうしてもこの歌をお茶の間に流さざるを得ない。コンプライアンスを気にし過ぎるテレビ局はどうするのかと思っていたら、朝のワイドショーの時間から普通に放送していました」(テレビ雑誌編集者)

昨年は新曲も発表


最近の可朝さんは昨年11月に33年ぶりの新曲が入ったCD『ザ・月亭可朝ベスト+新曲』を発売。東京の渋谷や四谷のライブハウスで、ギターを片手に演奏や漫談を披露した。今年1月4日には大阪の難波のライブハウスに出演する予定だったが、体調不良を理由にキャンセルしていた。

SNSでは《スケベの神が逝ってしまった》、《落語も面白いんだけど、あまり伝わっていなかったなあ》などと惜しむ声が相次いでいる。

そのほかにも可朝さんは、1971年(昭和46年)に参議院選挙で出馬して一夫多妻制の公約を掲げて落選したり、2008年には知人女性へのストーカー規制法違反で逮捕されたり、その破天荒ぶりがたびたび話題になった。

「競馬で1レースに100万単位もつぎこんでいた時代もあった。古き良き時代の芸人が、また亡くなったという印象です」(芸能ジャーナリスト)

昭和を体現したような芸人がまたひとり、この世を去った。

【画像】

(C)Kaspars Grinvalds / Shutterstock

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ