『アベンジャーズ』最新作、トム・ホランド&監督の来日決定!

クランクイン!

2018/4/10 19:17

 『アベンジャーズ』シリーズ最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に出演しているスパイダーマン役のトム・ホランドとメガホンを取ったアンソニー・ルッソ監督が、日本公開目前の今月、来日を果たすことが明らかになった。

【写真】「トム・ホランド」フォトギャラリー

アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)やキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)をはじめとするヒーロー集団「アベンジャーズ」が、宇宙の支配を目論む最凶最悪の“ラスボス”サノス(ジョシュ・ブローリン)と繰り広げる激闘を描く本作。トムとルッソ監督は、日本のファンに作品の魅力を伝えるべく、日本のメディアの取材や、16日に行われるスペシャル・ファンミーティングに出席する予定だ。トムは主演を務めた『スパイダーマン:ホームカミング』以来、約8ヵ月ぶりの来日となる。

本作でトムが演じるスパイダーマンは、アイアンマンに憧れるやんちゃな高校生ヒーロー。今回は、アイアンマンから贈られた新スーツに身を包み、最凶の敵サノスに立ち向かうが、激しく叩きのめされる姿もすでに予告編で見られた。また、2月に開催されたD23で上映された特別映像では、ボロボロに傷つき倒れたスパイダーマンがアイアンマンに「トニー、ごめん」とつぶやく意味深なシーンが映し出されて大きな話題を呼んだが、一体スパイダーマンの身に何が起きるのか?

日々ファンの間ではいろいろな憶測が飛び交っているものの、マーベル・スタジオの厳重な情報統制もあり、いまだ謎の多い本作。作品の中心メンバーであるスパイダーマン役のトムや、唯一作品の全体像を把握しているルッソ監督ということもあり、日本のプロモーションでの発言が注目される。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は4月27日公開。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス