最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

成田童夢、出場大会で腰椎圧迫骨折し練習不足を反省「病院のベッドで動けない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリノ五輪・スノーボードハーフパイプ日本代表でタレントの成田童夢が4月10日、自身が出場した大会で腰椎圧迫骨折の大怪我を負ってしまったことをファンに向けて報告。その原因が自身の“練習不足”や、加齢による筋力低下であることを明かし、反響を呼んでいる。

成田童夢公式ブログよりスクリーンショット

これは同日、成田が自身の公式ブログに投稿した 『体重増加と運動不足が事故を招く。、』 という記事のことで、この中で彼は、先日行われた大会『スノーボードマスターズ』に出場した際に、自身が腰椎圧迫骨折の大怪我を負ったことを報じるニュース記事を引用しつつ、「これはもう、昔スポーツやってたお父さんが息子の運動会で張り切って靭帯切るパターンと似てますね(^ω^;);););)(笑)」と、どこか自嘲気味に語りはじめると、「やはり30代と10代は筋力的に全然違うと思いました( ̄▽ ̄;)」「全く練習をせずに挑んでしまったという自分の落ち度がこの結果を招いてしまったんだなと」と、今回の怪我は加齢による筋力の衰えや、自身の“練習不足”が招いた と反省した様子でコメント。

ベッド上で落ち込んだ表情を見せる自身のセルフショットを公開し、これを見たネット上のファンからは「ニュースで骨折をしり心配してました 」「そうだったのですね…どうか早く治りますように…お大事にして下さい!」「お大事に」「童夢さんが腰椎圧迫骨折したと知り、ビックリしました。(*_*)健康管理は大切ですよね。(^_^;)しばらく動けないかも知れませんが、無理をしないで下さい。(∋_∈)お大事にね。m(_ _)m」と、彼の容態を気遣いつつ、快復を願う声が数多く寄せられることとなった。

今回、思わぬ大怪我を負ってしまったことで、「家内は口では厳しい事を言いますが、四六時中私の事を心配してくれて、改めて「もう怪我をしてはいけない」と思いました。その為にも、普段から体重管理や体調管理、スポーツをする上で怪我をしない為の健康管理をしていかないといけないと改めて実感。」「以上、病院のベッドで動けない成田からでした(;´Д`)」と、愛する妻のためにも、怪我のない肉体づくりや、健康管理の必要性を痛感した様子を見せている。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス