「22/7(ナナブンノニジュウニ)」2ndシングル「シャンプーの匂いがした」天城サリー×海乃るり 対談

WebNewtype

2018/4/10 18:00

 ソニー・ミュージック、アニプレックス、そして秋元康さんが総合プロデューサーとしてタッグを組んで生まれたデジタル声優アイドルグループ「22/7(ナナブンノニジュウニ)」。「ニュータイプ」では、堀口悠紀子さん描き下ろしによるイラストと共に、メンバーが思いを語り合う「あの子と、わたし」を連載中です。「ニュータイプ5月号」では、5組目となるテーマトークの他に、待望の2ndシングル「シャンプーの匂いがした」表題曲にまつわるインタビューを掲載しています。お話をしてくれたのは、天城サリーさん、海乃るりさん。カップリング曲を中心に聞いた本稿と合わせて、ぜひチェックしてください。

――2ndシングル「シャンプーの匂いがした」は、3形態にわたって全4曲のカップリング曲が収録されていますが、その中で、ご自身のキャラクターに歌ってほしいものをあげるなら?

天城:「循環バス」です。かわいらしい曲なので、髪をなびかせて歌う桜ちゃんが見てみたい! それに「グレーの制服のキミ」に恋してる歌なので、1stシングル「僕は存在していなかった」の彼女たちを思い出すと「もしかして!?」となるんです。もしキャラクターのMVがあったら、バスの窓から、桜の舞い散る景色を儚げに見つめてるシーンとか、いいなあ。

海乃:いいね! メンバー11人で歌うかわいい曲は初めてなので、私たちとしても表題曲の「シャンプーの匂いがした」とはまた違った思い入れがあります。振り付けにも個々のかわいさがあるので、注目してほしいです。

天城:ジュンちゃんに歌って欲しい曲は?

海乃:「人格崩壊」! ジュンちゃんはかわいいイメージがあるので、それとは違う一面を見てみたいなって。サイドテールをおろして、格好よく髪をかきあげながら踊ってもらいたいです。

天城:私も、ダンスでは首の骨を折るんじゃないかなっていう勢いで髪を振り回しています(笑)。

海乃:サリーを見ると、本当にすごいんですよ。どうやったら、ああなるの?

天城:人格を崩壊させたいと思った結果、かな。こういうダークな世界観、大好きなんです。「突然の雨だったら、濡れるのもしょうがないでしょう」って、曲の頭からすごく意味深だよね。

海乃:私も好き! でも、本当に強烈な歌。こんなに人を愛することができたら幸せだろうなって思っちゃった。

天城:最近、2人の間で流行ってるやりとりがあるんですよ。割り切れないことがあると、それを話し合った後に「ああ、人格が崩壊するよ」って歌う(笑)。

海乃:ツラく当たられたら「否定された悲しみの矢を……」って、語りで返したりね(笑)。

天城:でも、他の2曲も本当にすてきなんです。「やさしい記憶」は「未来はいつだって上書きのためにある」というフレーズが大好きで、個人的に一番共感した曲。私はロサンゼルス出身なのですが、中学時代とか、思い出すと悲しい気持ちになっちゃうんです。でも、今の私がここにいるのは、あの頃、あまり友達がいなくて、アニメばかり見ていたから。今はダメでも、未来で、自分のなりたい自分として生きればいいんだよっていう前向きなメッセージを受け取りました。

海乃:声優になるために海を渡ってきたサリーが語ると説得力があるなあ。私も、後悔していることはいっぱいあるけど、曲を聞いて、そんなことより前だけを見て歩いていこうって思えた。今度は私たちの声で、皆さんを勇気づけられたらいいな。

天城:そうだね。

海乃:私、曲を聞いて、勝手に「このアニメに合うな」って想像するのが好きなんです。そういう意味で言うと「叫ぶしかない青春」は……。

天城:私も、この曲は他のアニメに照らし合わせてた!

海乃:本当!? 私は「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」と「秒速5センチメートル」が合うなって。

天城:私は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」。

海乃:あーーっ!

天城:レコーディングの前に「あの花」を思い浮かべちゃってたから、感情が入りすぎちゃって、スタッフさんから「その歌い方じゃ、歌詞が聞き取れないよ」って言われちゃった(笑)。若さがあれば真っ直ぐ突き進むこともできるけど、それだけじゃあ何もできないんだってことが思い知らされて、胸が苦しくなる曲だよね。

海乃:うん。一番苦しくなる曲だね。

――では「青春」の渦中にあるお2人が、今、叫びたい思いは?

天城・海乃:アフレコ現場に行きたーーーーい!

天城・海乃:(笑)。

海乃:「声優」としてのお仕事をこれから充実していければうれしいです。

天城:ほんとにね!

――2月に行われた「割り切れないライブ~シャンプーの匂いがした~」では、キャラクターたちによるMCがリアルタイムなモーションキャプチャーで行われましたね。アニメ化が近づいていることも感じられます。

天城:うれしかったです! キャラクターたちはどこから見てもかわいいので、何をしても許されるじゃないですか。どんどん楽しくなっちゃって、たくさん投げキスをしたり、はしゃいでしまいました。

海乃:いいなあ。私は気を抜くとすぐに顎が上がってしまったり、ジュンちゃんの歩幅を意識していないといけないので、まだ、手放しで楽しめないんです。でも、お客さんとのやりとりがすごく重要になるライブだと思っていたので、盛り上がってよかったです。

――持ち歌が一気に5曲増え、いっそうの表現力が求められますね。

天城:はい。どれもまるで違うテイストなので、ライブで続けて披露するときにも、より、ひとつひとつのストーリーを大切にして見せていかなくちゃって思います。皆さんにもCD3形態を手に入れていただいて、全曲を通して、今の22/7を知ってもらいたいです。

海乃:そうだね! Type-Bには、オーディションのときから密着してくださっているドキュメンタリーも収録されているので、少し前の私たちと一緒に味わっていただきたいです(笑)。

――ところで、最近、お互いの存在から吸収していることはありますか?

海乃:サリーからは海外の文化を学んでいます。誰かが、くしゃみをすると、みんなが「ブレス・ユー」って言うんです。そこだけ国際化しています(笑)。

天城:私はむしろ、るーりー(海乃)の日本語に困っています。方言のメンバーも多いので、東京出身のるーりーから標準語を学びたいのですが、何か怪しいんですよ。このインタビュー中も「取材さん」と言ったり、少し前に、とうとう「私さん」と言っていました。

海乃:最近、意識して「さん」を抜くようにしたら、つけなきゃいけないところで忘れちゃって。それならつけたほうがいいですよね?

天城:うーん。あと……最近、手をつなぎにいくと、真顔でスッと避けるのは何で?

海乃:レッスンの先生に何してるんだろうって思われるじゃん!

天城:るーりーの“肉球”を掴んでると落ち着くんだけどなあ。メンバーの中で、唯一、振り払われるから、だからこそ追いかけたくなります。

海乃:私、昔から仲よくなった子には「冷たい」って言われるからなあ。

天城:えっ、つまり……そういうこと!?

海乃:まあ、私もメンタルにきているときは、サリーに頼ってるし。

天城:やっぱり、目標にしているところが一緒だと、悩みごとも同じだもんね。私も、何やかんや頼らせてもらっています。サリーとるーりーで、我らは「サーりー」です。

海乃:それ、私の要素ある(笑)!?(WebNewtype・取材・文=キツカワトモ)

https://webnewtype.com/report/article/142491/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ