「#女の価値を決めるバッグ」が流行 SEGAやカルビーも参戦する大喜利バトルに

しらべぇ

2018/4/10 17:00


(画像はカルビー公式ツイッターのスクリーンショット)

起業家で知られる梅木雄平氏が7日、自身のツイッターで、女性の価値とバッグを結びつけるかのような内容を投稿して炎上。さまざまな批判的なコメントが相次いだ。

一方でこの騒動がきっかけか、ツイッター上で「#女の価値を決めるバッグ」というハッシュタグがトレンド入りする事態に。

■「アラサーでミュウミュウちゃんはつらい」


ことの発端とされるのは7日、梅木氏がツイートした「女性と女性が持つブランドバッグのレベルは大抵相関している気がします」という内容。「セリーヌ以上を希望」と、女性を値踏みするような発言が瞬く間にネット上で拡散された。



その後のツイートでは「ラウンジで女性たちを名前でなく、持っているバッグのブランド名で呼んだことがある」と投稿。「アラサーでミュウミュウちゃんはつらい」といった持論を展開した。



一連の投稿を受け、ネット上では「この人に決めつけられたくない」「そんなことでしか人の価値をはかれないのなら、薄っぺらい男なんだと思う」といった批判的なコメントが数多くあがっていた。

■「痛バッグ」祭りに発展


この騒動から3日後の10日、突如ツイッター上で「#女の価値を決めるバッグ」というハッシュタグが流行。そのタグでは、ツイッターユーザーたちがお気に入りのバッグの写真をアップしている。

なお、人気を集めているバッグは、ブランド物ではなく一風変わったデザインの「痛バッグ」たち。思わず「どこで買ったの?」とツッコミを入れたくなるような物から、「どうして作っちゃったの?」と疑問をおぼえる手作りバッグまで、バラエティに富んだバッグが投稿されている。








■まさかの企業アカウントも続々参戦


大喜利大会のような祭りに発展した「#女の価値を決めるバッグ」だが、株式会社セガゲームスをはじめとしたさまざまな企業アカウントたちも参戦。






■ブランド好きほど他人からの評価を気にする


「30歳にもなってこのブランドは恥ずかしい…」と周りの目を気にする人は少なくない。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,387名に「他人からの評価をひどく気にするか」についての調査を実施したところ、全体では23.4%が「気にしてしまう」と回答。

それに対し、「ブランドが好き」な人は男性29.6%、女性は32.6%で全体平均を上回り、「ブランドに興味がない」と回答した人の差も開いた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

たくさんのネタツイートがあふれる展開になった「#女の価値を決めるバッグ」。しかし、その背景には「持っているブランドで自分の価値を決められたくない」という気持ちがあらわれているのかもしれない。

・合わせて読みたい→指原莉乃、美人になるも「顔が違いすぎる」と騒然 「前と全然違う」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

あなたにおすすめ