最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

電話番号を知っていればドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話間でリッチなメッセージがやりとりできる新サービス『+メッセージ』を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTドコモ(以下ドコモ)とKDDI(以下au)、ソフトバンクは4月10日、3社の携帯電話やタブレットのユーザーがキャリアを超えてメッセージをやりとりできる新サービス『+メッセージ(プラスメッセージ)』を発表。2018年5月9日からサービスを開始することを明らかにしました。



『+メッセージ』は従来のSMSによるメッセージを進化させ、携帯電話番号が分かればメッセージを送れる「簡単安心」、写真・動画・地図などが送れる「便利」、スタンプが利用できる「楽しく」を特徴とする新サービス。



携帯電話事業者の業界団体であるGSMAが世界的に標準化しているRCS(Rich Communication Service)に準拠。SMSでは最大全角70文字のテキストメッセージの送受信に限定されているのに対して、最大全角2730文字のテキスト、写真・動画、専用スタンプ、グループメッセージ、音声メッセージ、地図情報の送受信に対応します。SMSとは異なり、料金はパケット通信の通信料がかかります。







Androidスマートフォンとタブレットから提供を開始。auはSMSアプリ、ソフトバンクはSoftBankメールアプリのアップデートにより対応し、ドコモはドコモホームページから専用アプリをインストールすることで利用可能になります。5月以降に発売する機種にはプリインストールを予定。iOS向けには3社とも『AppStore』からのアプリ提供を予定しています。対応OSはAndroid 4.4以上とiOS 9.0以上。

利用条件は3社の携帯電話サービスに契約し、携帯電話番号を持っていること。IDやパスワードの登録が不要な点は『LINE』と異なる特徴です。MVNOへの提供は今後必要に応じて検討するとのことで、サービス開始時点ではMVNOからは利用できません。





『+メッセージ』の利用者は連絡先アプリ上でアイコンを表示、タップすることでメッセージの送信が可能。アイコン表示がないユーザーにはSMSでメッセージを送ることになります。連絡先に登録がないユーザーからのメッセージは「未登録」と表示され、不明な差出人からのメッセージを認識できるのが特徴。電話番号に紐づいているため、なりすましのリスクを低減できるという、安心面での特徴も打ち出しています。



写真や動画、地図の送信が可能なほか、既読/未読の確認が可能。既読機能は設定によりオフにすることもできます。



スタンプは500点の無料スタンプを提供し、順次追加を予定。



今後は個人間のやりとりだけでなく、カスタマーサポートや申込手続き、予約確認など、ユーザーと企業との関係をサポートする統合的なプラットフォームへ拡張を予定しています。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス