最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

カンニング竹山、いまだに数千万円単位の借金も「最終的には破産すりゃいい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7日深夜、『 カンニング竹山の土曜The NIGHT 』(AbemaTV)が放送された。

今回は、業界最高賞金となる1億円をかけたリアル人生逆転リアリティーショー『リアルカイジGP』にちなみ、『竹山 春のクズ祭り』と称してクズ芸人を集めた企画を実施。3万円争奪ゲームでは、番組レギュラーのスパローズ・大和一孝が見事勝利を収めた。

20代で債務整理や自己破産を経験した大和、600万円の借金を持つ空気階段・鈴木もぐら、それを上回る800万円の借金を持つ岡野陽一、相方から「お笑い授業料」として毎月25000円を搾取しているホタテーズ・後藤亮介と、絵にかいたような“クズ人間”が今回集結したが、竹山は番組終盤に「自殺だけはするな」と言葉をかける。


 今でも数千万単位の借金があるという竹山は「最終的には破産すりゃいいんだよ」とぶっちゃけて「死ななければどうにかなるから絶対に死ぬなよ」「逮捕されるな、逮捕されたら終わりだぞ」「どうせまともじゃないんだから、まともじゃない人間らしく生きていけ」と次々に後輩芸人たちにアドバイスした。

最後に竹山は「1つ言っとくぞ、絶対に博打は止めんなよ!」と話を絞めて、古関れんに「ということです、れんさん」と振ると、リアクションに困った古関はかろうじて「はい……」とだけ答えていた。

(C)AbemaTV


外部リンク(AbemaTIMES)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス