夕方に乳製品を!眠りに関するお悩み…どうすればいい?

Woman Wellness Online

2018/4/10 14:02


「なかなか寝付けない」「スッキリ起きられない」「仕事中に眠くなってしまう」……。睡眠にまつわる悩みにもいろいろありますよね。良質な睡眠が取れないと、体の機能回復や仕事効率の低下にもつながるので放っておくわけにはいきません。

では、上記のような悩みがあるときはどうしたらよいのでしょうか。

1・・・寝付きが悪い


ベッドに入ったものの、寝付けない。そんな人は夕食や夜にバナナを摂り入れましょう。バナナには、精神の安定や睡眠に作用するセロトニンという物質を作り出す“トリプトファン”が含まれており、入眠を促すのにオススメな食材のひとつです。

また、イライラや神経の昂りを感じることもスムーズな入眠の妨げになります。イライラを感じたら、夕方以降に乳製品を取り入れてみてください。イライラ解消に役立つカルシウムは、夕方以降が体内への吸収率が高いと言われています。

2・・・スッキリと起きられない


朝、起きなくてはいけないのにスッキリと目覚められない。起きてもボーッとしてしまう……、そんな朝は、神経系の機能を維持するビタミンB12の摂取がよいと言われています。

ビタミンB12は、あさりやしじみ、煮干しなどの魚介類に豊富に含まれます。

3・・・仕事中に眠くなってしまう


仕事中の眠気に悩まされたことがある人は少なくないでしょう。たまにならよいのですが、滋養強壮ドリンクを飲むのは習慣化させたくないですよね。

まずは、席を立って外の空気を吸ったり、軽いストレッチをしたり、コーヒー・緑茶などのカフェインが含まれる飲み物を飲むなどして眠気を覚ましましょう。清涼感のあるミントガムやミントティーも気分をシャキッとさせてくれます。

お腹いっぱいになるまでランチを食べることも眠気を誘う原因になるので、腹八分目でストップすることを心がけてみて。

睡眠の悩みを軽くするための参考にしてみてくださいね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス