走ってみてわかった『渋谷・表参道Women’s Run』が女子に超人気の理由

ウレぴあ総研

会場は代々木公園野外音楽堂。スタート1時間半前に会場に到着すると、すでに大賑わい。更衣室はごった返していて、トイレも大行列!野外音楽堂ステージ前の出店ブースの、紀州梅の会のクエン酸・塩分補給をできるランナー梅干し「ウメパワプラス」は試食の長蛇の列。

富士フィルムの好評の日焼け止め「パーフェクトUVクリアソリューション」のブースは、手に首に腕にと日焼け止めを塗りたくる意識高い系の女子も大勢!トリンプの新しいスポーツブラ「triaction」にも、興味津々の女子たちが!

ちなみに通常の大会だと、スタート前は、参加者は準備をしたり、トイレに並んだり、ウォーミングアップをしたり……と慌ただしく、ブースは閑散としているのですが……。このゆったりとした空気がなんともいえませんね。

ステージ前のナイキブースには、ひっきりなしに写真を撮る人の列、メッセージボードに共感して「テンション上がってきた」と楽しそうに話す女子と、会場は熱気にあふれていました。

9時、いよいよスタート!コースはこんな感じ。

代々木公園野外音楽堂横 → 渋谷周辺道路→ 表参道→ 明治神宮→ 西参道→ 代々木公園西門→ 代々木公園野外音楽堂。

5000人の女性ランナーが、渋谷と表参道を埋め尽くすお祭り!沿道の応援のすごさにもびっくり!とても10kmのレースとは思えない盛り上がりでした。

スタートは2分刻みで、A,B,C,Dの4ブロックが順にスタート。力強い和太鼓に見送られて出発です。

渋谷郵便局あたりを折り返して、一度スタート地点に戻ったら代々木公園脇の坂道を!

「けっこう坂あるね」

「暑いしね、でも頑張ろ!」なんて仲間内で励まし合いながら、走る女性は美しい。

メインはなんといって表参道。普段は歩道を通り、ショッピングする街の、大動脈であるメインストリートを走るのはこの上ない快感。沿道の応援の方とハイタッチする姿も。

「初出場の大会がここでよかった」

「普段と全然違う景色に見える!」と感動の声が続々と。

そして明治神宮へ!表参道の賑わいとはまるで別世界。厳かな空気が静かに流れ、マイナスイオンが充満しているような……。

もうすでに7kmでレースも後半戦。

少しほっとしたランナーも多く、

「気持ちいいね、このコース」

「表参道の坂はきつかったけど、もう7kmなんてあっという間」

「初めての大会で、こんなに頑張れるとは思わなかった」

「10kmなんて走るの初めてだけど、案外走れるもんだね」

明治神宮を抜けると、参宮橋あたりの下り坂。桜もちょうど見ごろ。そして最後に緩い坂を上って、スタート地点に戻ってきました。

もうみんなの笑顔がまぶしい!楽しくて仕方がないという気持ちがあふれた会場でした。

そして景品もかなり豪華です。ナイキのTシャツ、ヴァンドーム青山のブレスレット(汗に強いんだって)、エビアンの水、三田飲料の美容系スポーツドリンク「SWITCH」……。

他にも富士フィルム「アスタリフトのBBクリーム」のサンプル、ビール無料券、ライオンの「休足時間」と持って帰ってすぐ使える、女性に嬉しいGOODS揃い! 両手いっぱいにお土産をもらいました!

最後はゲストランナー、道端カレンさんのトークショー。

「わあ、脚細い」

「きれい」

「かっこいい」

と会場からはため息が。そして彼女、なんと41分でゴール。さすがはトライアスリート、表彰台常連だけあります。

抽選というだけある人気大会。ブースめぐりも楽しいし、応援もすごくて元気が出る、お土産は女子にうれしいものばかり……。ガツガツ走るのもいいけれど、この楽しさは女子だけにしかわからない特権かも。

ランニングをこれから始める人はぜひ! 初心者仲間も大勢います。初心者じゃなくでも、来年もエントリーせずにはいられない!という気持ちに多くのランナーがなったはずです。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ