「金曜ロードSHOW!」が高畑勲監督追悼、代表作『火垂るの墓』4.13放送決定

日本テレビは、4月5日に逝去した高畑勲監督の訃報を受け、「金曜ロードSHOW!」の放送作品ラインナップを急遽変更し、監督の代表作である「火垂るの墓」(1988年)を4月13日(金)夜9:00-10:54に編成することを発表した。

■ 放送予定だった「名探偵コナン―」「パシフィック・リム」は

4月13日(金)に放送を予定していたテレビ初放送の映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」(2017年)は、4月20日(金)放送。

4月20日(金)に放送を予定していた映画「パシフィック・リム」(2013年)は、新たな放送日が決定次第、公式ホームページやSNSで発信される。

■ 「金曜ロードSHOW!」は、数々の高畑監督の名作を放送

日本アニメーション界の巨匠にして、世界でも賞賛される数々の作品を世に送り出した高畑監督。

「金曜ロードSHOW!」では、「火垂るの墓」をはじめ、「おもひでぽろぽろ」(1991年)、「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994年)や「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999年)のほか、遺作となった「かぐや姫の物語」(2013年)など、スタジオジブリ作品として公開された高畑監督の長編映画を長年にわたって放送。

■ 日本テレビのコメント「心からの哀悼の思いと、感謝の気持ちを込めて」

日本テレビは「今回、番組として、心からの哀悼の思いと、感謝の気持ちを込めて、監督が第二次世界大戦当時の神戸を舞台に、懸命に生きようとした兄妹の“いのち”を描いた『火垂るの墓』をお届けいたします」とコメントしている。

今後放送予定作品の各内容は以下の通り。

■ 「火垂るの墓」(1988年)

4月13日(金)夜9:00-10:54 日本テレビ系で放送

原作=野坂昭如(新潮文庫版)、脚本・監督=高畑勲、音楽=間宮芳生、出演=辰巳努、白石綾乃、志乃原良子、山口朱美

<あらすじ>幼い兄妹の一瞬の命の輝きを描く感動作。原作は、神戸の大空襲を体験した野坂昭如氏による直木賞受賞小説。父が出征中に空襲で母を亡くした14歳の少年・清太が、4歳の妹・節子と共に“生きよう”とした姿をリアルに描き出していく。罪のない子どもや病気の母たちを容赦なく炎に飲み込んでいく空襲。周囲の人々に頼ることができない幼い清太と、優しさを見せる余裕のない大人たち。戦争の愚かさと哀しさを、高畑勲監督は切々と訴えかけていく。

■ 「名探偵コナン から紅の恋歌」(2017年)

4月20日(金)夜9:00-10:54 日本テレビ系で放送

原作=青山剛昌、監督=静野孔文、脚本=大倉崇裕、音楽=大野克夫、出演=高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平、堀川りょう、宮村優子、ゆきのさつき、吉岡里帆、宮川大輔

<あらすじ>京都と大阪を舞台にコナンと西の名探偵・服部平次がタッグを組み、次々と起きる不可解な事件に挑む! 事件の鍵を握るのは「百人一首」。古の歌に隠された真実が、千年の時を超え、今暴かれる!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/142968/

あなたにおすすめ