【極秘】人気アニメ「プリキュア」の知られざる秘密と噂10連発! 意外な声優の決め方


2004年から日曜朝にテレビ朝日系列で放送されている女児向けテレビアニメ、「プリキュア」シリーズ。この作品は、第1 作目の「ふたりはプリキュア」が大ヒットして以来、2018年現在もプリキュアシリーズが放送され続けています。

みんな大好き「プリキュア」?


今回はそんなプリキュアシリーズの知られざる秘密と噂を厳選してご紹介。昔からずっと見続けているファンの人はもちろん、小さい頃に見ていたという人も、子供が最近ハマりだして一緒に見ているというお父さんお母さんも、きっとプリキュアの新たな魅力を知ることができるはず。


プリキュアシリーズの知られざる秘密と噂10連発


1. そもそも「プリキュア」ってどんな意味?
タイトルにもなっている「プリキュア」という言葉は「プリティー(PRETTY=カワイイ)」と「キュア(CURE=癒す)」を合わせた造語で、タイトルから女の子らしいイメージを持たせているのです。この名前に決まるまで、制作陣は相当の時間をかけて議論をしてきたそうですが、結果的に大成功だったと言えるでしょう。

ちなみに「プリキュア」の英語表記ですが、シリーズ初期は「PRETTY CURE」とされていましたが、第7シリーズの「ハートキャッチプリキュア!」から「PRECURE」という表記に変更されています。

2. 絶対に顔を攻撃しない
プリキュアシリーズでは絶対に顔への攻撃が描写されません。もし顔に攻撃が当たりそうになっても腕や手で防御し、ダメージを受ける描写も壁に叩きつけられるシーンなどで痛みを表現しています。これはやはり視聴者のターゲットが子供メインであり、特に小さな女の子にも楽しんでもらえるように配慮されているのです。やさしさに溢れている作品ですよね!


3. 食べ物の好き嫌いを極力表現しない
プリキュアシリーズは子供向けのアニメであり、子供への影響にしっかり配慮しています。その一環として、登場人物はみな食べ物の好き嫌いがほとんどない設定になっているのです。ちなみに、ふつうの人間では考えられないレベルの暴飲暴食キャラのプリキュアもいたそう。

4. プリキュアの声優はオーディディションで決まる
プリキュア役の声優は毎回オーディションで決められています。通常、アニメの主役となると、声優のキャリアや知名度を基準に決まることも多いのですが、プリキュアは演じるキャラクターにその声が合っているかという観点で選んでいるのです。そのため、大御所も新人も、さらに女優や子役といった声優を生業にしていない人でも同じ条件でオーディションに臨むことができるのです。みんなにもチャンスがあるかもしれませんね。

5. サザエさんとじゃんけんで張り合っていた
プリキュアシリーズの9作目「スマイルプリキュア!」は、国民的アニメ「サザエさん」とジャンケンで張り合っていたと言われています。番組内でキュアピースが変身する際、右手でじゃんけんのポーズをとっていました。日曜夕方に放送されているサザエさんもエンディングでじゃんけんが行なわれていたため、ネット上では「日曜じゃんけん戦争」と話題になっていたのです。ちなみに対戦成績は、キュアピースの10勝9敗16分に終わったそう。キュアピースって名前からしてチョキが多そうですが、パーが最も多かったのです。


6.「いつき」は男の子だった?
シリーズ7作目に「ハートキャッチプリキュア!」に登場していた「いつき」というキャラクターは実は男性だという噂があります。普段いつきは学ランを着ているのですが、キュアサンシャインに変身すると女性の姿になるのです。また、変身する前と後では声も違い、変身前は男性の声、変身後は女性の声になっていました。

この設定についての公式発表はありませんでしたが、性別的な問題を扱ったデリケートな登場人物だったのかもしれません。女子が学ラン着たっていいと思いますけど。

7. 水着シーンはNGだった
1年間通じて放送されるアニメには、夏の時期に海やプールに行く話が盛り込まれている作品もあります。もちろん、長年続いているプリキュアシリーズでも海に行くエピソードがたくさん描かれましたが、そういったストーリーでも水着姿のシーンはほとんど描かれませんでした。これは子供向けということで配慮されていたのですが、2009年に初めて水着が解禁されると、保護者からクレームがあり、再び水着は封印。海には行くのに水着にはならず、ビーチバレーや砂遊び、スイカ割りなど砂浜でのシーンばかりで、あまりにも不自然な描写が続きました。

ちなみにシリーズ12作目の「Go!プリンセスプリキュア」で、海のプリキュアが存在したことをきっかけに再度水着解禁となっています。プリキュアたちが海やプールでありのまま楽しめるようになるまで、長い歴史と戦いがあったんですね。

8. 男女別の視聴者年齢差がすごい
一部の噂によると、プリキュアシリーズの主要視聴者の年齢は女性が4~9歳なのに対し、男性は19~30歳なんだとか。メインキャラクターの設定が中学生ということや、恋愛要素ありきなストーリー展開が、一部のアニメ好き男性層をキュンキュンさせていたのでしょうね。ちなみに、プリキュアが戦っているシーンで応援するおじさんたちを登場させようと検討されたこともあったそうですが、残念ながらスポンサーの許可が得られず断念したことがあると言われています。


9. プリキュアシリーズの映画は参加型
2007年以降に公開されたプリキュアシリーズの映画では、基本的に中学生以下の子供たちを対象に、来場特典の「ミラクルライト」がプレゼントされています。そして、映画の中でプリキュアたちがピンチに陥ると、ミラクルライトを振って応援するようお願いするのです。

これはメインターゲットである未就学児が途中で飽きてしまい、集中して見られなくなることを避けるために考え出されたアイデアなんだそう。騒がせるための演出ってどうなの?と思う人も多いかもしれませんが、子供たちが一生懸命応援する姿を見て、我が子の成長を感じて映画よりも感動してしまうお母さんお父さんも多く、とても好評なのだとか。

10. プリキュアたちは架空の人物
女児を中心に絶大の人気を集めているプリキュアたちですが、残念ながらアニメの中の架空人物です。定期的にレジャー施設などでプリキュアのショーが開催されますが、実は着ぐるみを使ったショーであり、本物のプリキュアは存在しません。サンタクロースは存在すると子供に教えてあげるのと同様に、真実を上手に隠しながら子供と接することが大切なのかもしれない……!


今年でシリーズ放送開始15周年!


現在は「HUGっと!プリキュア」が放送されているプリキュアシリーズですが、実はこの作品が記念すべき15作品目。今年はプリキュアシリーズ放送開始15周年なのです。テレビアニメや映画だけでなく、さまざまなイベントや企画が展開されることになるかもしれませんね。昔はプリキュアが好きだったという人も、今年はもう一度プリキュアシリーズをチェックしてみてはいかがでしょうか。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ