【訃報】高畑勲監督 享年82歳

SPICE


『火垂るの墓』や『アルプスの少女ハイジ』『じゃりン子チエ』などを手掛けたアニメーション映画監督の高畑勲(たかはた・いさお)さんが5日、東京都内の病院で死去したことをスタジオジブリが発表した。死因は肺がん、享年82歳。

高畑さんは東映動画に入社後、TVアニメ『狼少年ケン』で演出デビュー、1968年に『太陽の王子 ホルスの大冒険』で劇場用長編アニメを初監督。その後日本アニメーションに移籍し、70年代には『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』などのテレビシリーズを手掛け。そのリアリズムある表現で沢山のアニメ関係者に影響を与えた。

1985年に宮崎駿氏とスタジオジブリを設立。『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』『平成狸合戦ぽんぽこ』などを監督し、宮崎氏とともに日本のアニメーションを世界基準に評価されるものにしていった。2013年に監督した『かぐや姫の物語』ではフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で名誉賞を受賞。1998年には紫綬褒章も受章している。

通夜・葬儀は近親者のみで執り行うとのことだが、スタジオジブリ公式サイトで代表取締役社長の中島清文氏が「なお、故人との「お別れの会」を5月15日に執り行なう予定です。会の詳細につきましては、決まり次第、改めて連絡させていただきますので、今しばらくお待ちください」としている。

このお別れの会に関してスタジオジブリの鈴木敏夫氏は同サイトで「やりたい事がいっぱいある人だったので、さぞかし無念だと思います。宮崎駿とも相談し、ジブリとして盛大なお別れの会をとり行い、見送ることにしました」とコメントしている。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ