女性からのプロポーズはアリ?アラサー男性の本音は?

カナウ

2020/1/15 17:30


女性からのプロポーズはアリ?アラサー男性の本音は?

こんにちは、婚活FP山本です。

プロポーズは、男性だけがするものではありません。
女性からプロポーズして結婚、というカップルも最近は増えているようです。

今回は、女性からのプロポーズについて、男性の本音をお伝えします。

あなたの婚活に、お役立てください。

女性からのプロポーズ、大歓迎!


男性の本音は、女性からのプロポーズは「アリ」とのこと。
そのほうがむしろ好ましいと考える男性が増えているようです。

というのも、いわゆる団塊の世代が30代だった頃とは違い、今の男性の年収額がかなり下がっているため、堂々と「俺が食わせてやる」とは言えない時代になっているから。
金銭的な不安から結婚に消極的になる男性も多く、
「彼女が今の自分を受け入れてくれるなら、結婚する」
という条件つきで、OKを出す男性が少なくありません。

一方で女性は、経済的にも精神的にも自立していると、結婚のタイミングを自分で決めて意思表示をハッキリさせる人が増えています。
そもそも「男性に食べさせてもらう」という感覚にいい印象を抱かない人もなかにはいるのではないでしょうか。

とはいえ、女性すべてが肉食の感覚を備えているわけではなく、まだまだ「男性にプロポーズしてもらいたい」派は多数います。

そんな女性は、最後まで言いきらないまでも「そろそろ……」と結婚を匂わせるようなことを言ったり、煮え切らない彼氏には「結婚するか、別れるか?」と迫ったりして、彼にプロポーズさせるのもアリでしょう。

結婚したがらない男性たちの本音


ところで、なぜ女性からのプロポーズがアリなのでしょうか。
なぜ男性がプロポーズしないのでしょうか?

それは、結婚したがらない男性が多いから。
できるなら、ずっと恋人関係のままがいいとすら考えています。

女性に比べて、男性は結婚に消極的なんです。

すでに述べたように、今は終身雇用や年功序列による年収上昇が期待できないため、『妻子を生涯養う』ことに男性は強い不安を感じています。

今は共働きが主流と言われていますが、それでも男性は普通「自分が一家の大黒柱にならなければ」と考え、結婚を重くとらえがち。

強い不安の中で責任感を負いきれない……これが、男性が結婚に消極的になる原因です。
そして、男性から堂々とプロポーズできない理由なのです。

でも、本心では「結婚したい」!


とはいえ、気持ちだけで希望を述べるなら、男性だって愛する人と結婚したいのです。
フワフワした恋人同士だけでなく、家族となってより深い関わり合いをもてたら最高だと、誰もが考えます。

ネックはやはり、
「今の30代男性にとって、結婚は女性が考える以上に責任が重い」
という点にあります。

そんな弱気な男性の背中を押すのが、女性からのプロポーズ。
なるべく不安を取り除いてあげて、下地を作ってからプロポーズに踏み切りましょう。

まとめ


今どきは、女性からのプロポーズもアリ、大歓迎です。

それほどまでに男性は結婚に対し消極的になっていて、将来性が曇ってきた30代以上の男性は、とくにプロポーズしたがらないでしょう。

しかし、けっして結婚したくない訳でもありません。
彼氏の背中を押す意味で、あなたからのプロポーズも検討していくのがベストな時代ですよ。

(婚活FP山本/ライター)

公開日:2018年4月5日
更新日:2020年1月15日



当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ