超人気モテ男が意外な弱点を告白!飛行機とあとひとつは?

ananweb


■ 歌手としても俳優としても活躍中のニック・ジョナス!

【映画、ときどき私】 vol. 151

アメリカで社会現象を巻き起こしたこともあるポップグループ「ジョナス・ブラザーズ」の元メンバーとして、女子から高い人気を誇っているニック。今回は、念願の初来日を果たしたニックに直撃し、本作の見どころや意外な素顔について迫ってきました。

■ 誰もが楽しめる要素が満載の作品に仕上がっていましたが、完成したものを観たときの感想は?

ニック
 とてもよくまとめられているし、僕が経験してないシーンも含めてすごくおもしろかったよ! 本当に大好きな作品で、誇りに思っているんだ。これだけ世界中で成功しているというのは、僕たちキャストやクルーのみんなががんばってきた努力が実ったということの証明でもあるんだよね。だから、それを日本のみなさんにも観てもらえることをうれしく感じているんだ。

本国アメリカでは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を公開3週で抜いてナンバーワンに輝き、さらに全世界興行収入においても1,000億円を超えるほどの大ヒットを記録中。

■ ここまで観客に受けた理由は何だと思いますか?

ニック
 その答えが先にわかっていたら、どんなにいいだろうね(笑)。とはいえ、やっぱり世界中の人が共感できるような普遍的なテーマが込められているからだと思うよ。たとえば、友情だったり、自分自身を認めることの大切さだったり、そういうところかな。

あとおもしろいのは、体が他人になってしまう “入れ替り” という要素が加わっていることだよね。しかも、アイコン的存在の有名な俳優たちが見たこともないような信ぴょう性のある演技を見せてくれるというのも、みんなが気に入ってくれた理由になっているのかなとは思っているよ。

■ 今回はパイロットの役でしたが、もし自分がゲームに参加するとしたらどのキャラクターになりたいですか?

ニック
 僕は自分のキャラクターをけっこう気に入っていたから、それはそれで満足していたけど、マーサという美女戦士の役も興味があるかな。というのも、ダンスと格闘の両方ができるし、すごく強い女性なので、楽しそうだよね。

■ 世界中のファンのなかにはニックさんになりたい人は多いと思いますが、入れ替われるなら誰になりたいですか?

ニック
 僕はすごくゴルフが好きなので、そういうことで考えたらゴルフ選手のジョーダン・スピースさんやタイガー・ウッズさん。あんなふうにゴルフができたらいいよね(笑)。もしくは、1日くらいは普通の人になるのもおもしろいかなとは思うよ。というのも、僕はつねに人から注目されている立場でもあるから、そうすればプライバシーも確保できるのかなって。

■ もしそうなったらやってみたいことはありますか?

ニック
 たとえばコンサートに行ってみたり、人がいっぱいいても誰にも気がつかれかれないようなところに入ってみたりしたいかな。それから、女性になるというのもクールかもね。でも、僕は自分に満足しているところもあるから、1日くらいでいいかな(笑)。

本作ではそれぞれのキャラクターにスキルと弱点があり、それらがストーリーにおいても欠かせない重要なところ。

■ では、ご自身の強みと弱みを教えてください。

ニック
 まず長所は、正直であるということ。それからすごくいい友だちになれるというところじゃないかなと思うよ。短所は、自分にプレッシャーをかけすぎる完璧主義なところ。だって、完璧な人間なんていないでしょ? だから、そういう意味で弱みになるのかもしれないよね。

■ 苦手なものはありますか?

ニック
 実は正直いうと、飛行機があんまり好きじゃないんだ。キャラクターではパイロットなんだけど(笑)。それから、つま先の間に砂が入るのが苦手なんだ。だから、ビーチに行くのもあんまり好きじゃないんだよね。

■ ということは、ハワイの大自然のなかで撮影するのは大変だったのではないですか?

ニック
 素晴らしいロケーションのなかでやっていたから、全体的には最高の経験ではあったんだけど、やっぱり自然の環境だったから、虫やムカデ、蚊もいっぱいいたのは嫌だったね。でも、全体を振り返ってみれば、撮影そのものはかなり豪華だったんじゃないかな。

どちらかというと、ロケでの撮影よりもCGの部分のほうが自分の頭の中で全部想像して演技しないといけないから難しかったよ。でも、監督がいろんな手段を使いながら僕たちの想像力をかきたてるような環境にしてくれたので、それにすごく助けられたんだ。

■ 今回が初来日となりましたが、日本の印象はどう感じていますか?

ニック
 時間がなくてまだあまり見れてないけど、日本の印象は素晴らしいよ! いままでずっと来たいと思っていて、今回やっと実現したんだ。いろいろなおいしいものを食べて、いろいろな人に会いたいと思っているよ。

■ 特にやりたいことや行きたい場所はありますか?

ニック
 実は、リストにいっぱい書いてあるんだ(笑)。たとえば原宿に行ってみたいとか、富士山を見たいとか、ヴィンテージショップに行ってみたいとか、あとはバーに行ってお酒を飲みたいとか、とにかくいろいろあるよ!

■ それでは、最後に日本のファンに向けてひと言メッセージをお願いします!

ニック
 映画でも音楽でも、いつも僕を応援してくれて本当にありがとう! 美しい日本に来ることができてとてもうれしく感じているんだ。今回が初めてだけど、これから何度でも来れたらいいなと思っているところだよ。

■ インタビューを終えてみて……。

恋の噂も多く、セレブ界でもモテ男として有名なニック。穏やかでどこかミステリアスな雰囲気とパフォーマンスで見せる男らしさとのギャップに、女子たちがハートを鷲づかみにされてしまうのもうなずけます。歌手、俳優として、ますます目が離せない存在のニックに注目です。

■ 見たこともない空間に吸い込まれる!

息もつかせぬ展開の連続に、気がつけば観客も異次元の世界へと入り込んでしまう体感型ムービー。壮大なジャングルを舞台に繰り広げられる臨場感をたっぷりと味わってみては? このアトラクション感覚を楽しめない人はいないはず!

■ ストーリー

気弱なゲームオタクのスペンサーをはじめ、学校で問題を起こして居残りをさせられてしまう4人の高校生。罰として地下倉庫の片づけをすることになるが、そこで古いテレビゲームの「ジュマンジ」を発見し、みんなでプレイすることに。

ところが、遊び始めようとしたとき、4人は突然ゲームのなかに吸い込まれ、自分が選んだキャラクターと体が入れ替わってしまうのだった。彼らは次々と立ちはだかる試練を乗り越えて無事にゴールすることができるのか!?

■ 怒涛の予告編はこちら!



■ 作品情報

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』4月6日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

日々の生活では仕事や人間関係など、何かとストレスが溜まりやすいもの。そんなときこそ、大自然のなかに飛び込んで発散してみたいと思いませんか? そこでオススメしたい映画は、別世界を体感できる話題作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』です(4月6日《金》TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー)。今回は、本作に出演しているメインキャストのなかから、こちらの方にその魅力を語ってもらいました。それは……。
写真・大嶋千尋(ニック・ジョナス)

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ