夫は妊活インテリ男性!?知識だけじゃ埋まらない「夫婦間の妊活温度差」

ウレぴあ総研

2018/4/5 11:27

「妊活」という言葉が社会的にも定着しつつある今、世の男性たちは妊活についてどれほどの知識を持っているのでしょうか。

妊活の知識は、依然として「女性の方が高い」というイメージがありますが、近頃は意外にも男性で知識を持つ「妊活インテリ男性」が増えています。

しかし「妊娠するために重要だと考えていること」には男女間で温度差があり、この温度差が妊活を妨げる1つの原因なのかもしれません。

今回は、「男女の妊活の知識調査」を参考に、男女間で生じる妊活の温度差についてお伝えします。

■妊活の知識、どれくらい知っている?意外にも女性は男性の体のことを知らない?

夫婦間で妊活に対する温度差はどれくらいあるのでしょうか。ドコモ・ヘルスケア株式会社が20代から40代の妊活経験者の男女618名を対象に行った「男女の妊活の知識」に関する調査結果は以下の通りです。

■夫婦間で妊活に対する温度差はどのように感じますか?

  • 自分の方が温度は高い 女性51.8% 男性9.4%
  • 相手の方が温度は高い 女性4.2% 男性28.8%
  • お互い温度差は同じ 女性44% 男性61.8%
やはり予想通り、女性の方が温度が高い傾向にあることが分かりました。では妊活の知識については夫婦間において温度差はないでしょうか。

■排卵日当日より排卵日前がもっとも妊娠しやすいタイミングということを知っていますか?

  • 知っている 女性87.7% 男性77%


■女性の卵子は年齢が上がると老化して数が減っていくことを知っていますか?

  • 知っている 女性95.8% 男性87.7%
意外にも、男性は妊活に対する知識を持っていることが分かりました。このことからも、妊活経験者は「妊活インテリ男性」が多いことが分かります。

では、女性は男性の体についてどのくらい理解しているのでしょうか。

■男性の精子は毎日作られ、女性のように数が減る一方ではないことを知っていますか?

  • 知っている 女性73.8% 男性79.3%
男性の精子についての認知度は女性より男性の方が高いことは理解できますが、意外にも女性の認知度が低く、女性は自分の体のことは知っていても相手の体のことは知らない傾向にあることが分かりました。

お互いの体のことを理解していなければ妊娠しないということはありませんが、妊活中であれば、知っている必要はあります。女性も男性のように、相手の体のことを知る努力が必要ですね。

■妊活で生じる男女のすれ違い!妊活で重要なこととは?

妊活に必要なことは「排卵日の知識」や「相手の体の知識」ですが、それだけで妊活は成功するのでしょうか。それ以外にも重要なことがあるのでは・・・ということで、妊活で重要だと思うことを聞いた結果は以下の通りとなりました。

1位:夫婦生活のタイミング 女性64.1% 男性70.9%

2位:健康的な体づくり 女性51.1% 男性50.8%

3位:年齢 女性41.1% 男性48.9%

上位3つは男女ともに「夫婦生活のタイミング」「健康的な体づくり」「年齢」であることが分かりますが、注目すべき点は男女間で差が出ている「項目」です。

男性が重要視しているのが「夫婦生活のタイミング」「年齢」「生理周期の把握」のように、妊娠に対して「直接的」なことをあげているのに対し、女性は「ストレスを溜めないこと」「体を温めること」などをあげていることから、妊娠に対し「間接的」なことが重要だと思っている傾向にあることが分かりました。

妊娠にとっての大敵が「冷え」であることを、冷えを感じやすい女性は意識しやすいですが、冷えを感じにくい男性がそれを理解することは難しいことなのかもしれません。

妊活における夫婦間の温度差を埋めるのは難しいことですが、妊活を成功させるためには夫婦が同じ意識を持つことが必要ですね。

最近は、排卵日や月経日予測、基礎体温の記録や妊娠のための健康情報などが得られる便利なアプリも存在しています。

このようなものを上手に活用しながら、夫婦が同じ意識で妊活に臨めると良いですね。

<参照>ドコモ・ヘルスケア「妊活知識がある「妊活インテリ男性」が多い中、妊活で重視するポイントが男女間で違うことが明らかに!~男女の妊活の知識に関する調査を実施~」

あなたにおすすめ