劇団ひとり、中居正広のこだわりに「本当に迷惑なんです」と告白

grape

2018/4/4 04:31


劇団ひとり
2日に放送されたTBS系『なかい君の学スイッチ』に劇団ひとりが出演し、中居正広との交友関係について話す場面があった。

番組ではスマホアプリの特集を組み、現在も折りたたみ携帯電話を使用している中居は「俺はまだそれ(スマホ)を手に持ったことがないから」と、アプリについてはよくわからないと話した。

これに劇団ひとりは「そんな人類います?」とからかいながら「中居さんLINEやってないから、本当に迷惑なんです」と、中居がコミュニケーションアプリを使ってないので不便だとこぼした。

続けて劇団ひとりは、中居を麻雀のメンバーとして誘う時にはわざわざ中居にだけメールしているのだといい「知らないでしょうけど、すごいこっちは大変な思いしてるんです」と明かし、中居へアプリのグループ会話とメールの違いを説明するが、中居は納得いかない様子。

これに、麒麟の川島明が、LINEのグループ会話は部屋に集まってみんなで会話するイメージに対し、メールは個室にいる人へ一人ずつ同じことを話しかけるイメージ、と例えると中居は明るい表情に。

続けて「こう言う風に説明して!」「劇団(ひとり)はさぁ、上から来て小馬鹿にする」と、劇団ひとりの態度に不満を言うと、劇団ひとりは「そっちがそういう態度で聞くからでしょ!」と、言い合いながら周囲の笑いを誘っていた。

中居と劇団ひとりは過去にも麻雀の話を明かしており、二人が麻雀を打つ店には女優の加賀まりこもくるのだと話していたことがあった。

『記事提供:E-TALENTBANK』

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ