【伝説】江頭2:50のヤバすぎる秘密と噂11選 / 実は常識人で善人? 知られざる生い立ちと隠されたエピソード


お笑い芸人の江頭2:50さんといえば、日本を代表する裸芸人であり、たまにテレビに出てきたと思えば体を張りすぎた芸で場を乱す、とにかく過激な芸人さん。その激しすぎる芸風のせいか、男性ファンこそ多いものの、女性受けが非常に悪いと言われ、「嫌いな芸人」「抱かれたくない芸能人」などのランキングで常に上位ランクインしています。

実はいい人? 知られざる秘密が多すぎる


江頭さんはテレビなどに出演しても、じっくりとトークをする機会がほとんどないため、普段の姿をあまり知られていません。そこで今回は江頭さんの秘密と噂、そしてこれまでに江頭さんが残してきた数々の伝説についてたっぷりとご紹介します。江頭さんの知られざる姿が今明らかに……!

江頭2:50の知られざる秘密と噂11選


1. 体脂肪率はわずか6%
江頭さんといえばガリガリの体型で上半身裸、下半身は黒いスパッツという出で立ちがすっかり定着していますよね。その体重は身長178センチで60キロとかなりの細身。そして体脂肪率はわずか6%と言われているのです。


2. 大川興業の筆頭株主である
江頭さんは芸能事務所・大川興業に所属していることはよく知られていますが、実は同社の筆頭株主でもあるのです。1996年に会社が解散の危機に陥った際、江頭さんを中心とした構成員が800万円を出資したことによって会社はなんとか存続。それ以来、江頭さんが大川興業の筆頭株主となっているのです。

3. 生い立ちがヤバすぎる
江頭さんの生い立ちはこれまでにきちんと明かされたことがありません。生い立ちに迫るインタビューを受けたことはありますが、その内容がヤバすぎたため、そのままお蔵入りとなってしまったのです。

お蔵入りにするほどヤバい生い立ちとは何か気になるところですが、これにはいくつか噂があり、中でも皇太子妃雅子様の母方の祖父の姓が「江頭」であり、出身地も近いことから家系的に繋がっているのではないかという説が強いそうです。確かに、江頭さんが皇族と繋がっているなんて間違っても明かせないでしょう……。

4. 父親の芸名は江頭2:45
江頭さんの父親は佐賀県で酒屋を営んでいましたが、55歳にしてテレビ初出演を果たすなど「江頭2:45」の芸名でタレント活動を行っています。タレントデビューすることになったきっかけは、江頭さんの実家に高校の文化祭の出演依頼が届いた際、勝手に「江頭2:50はスケジュールの都合で来られない」と断り、代役として父親が文化祭に出演したことによるそうです。

5. 布袋寅泰との関係
江頭さんといえば布袋寅泰さんの名曲「スリル」を登場曲で使用していますよね。この件に関して布袋さんは「ハッキリ言って迷惑している」とTwitterに投稿したことがあり、布袋さんは江頭さんを嫌っていると思われています。しかし実は二人には交流があり、布袋さんが江頭さんをコンサートに招待したり、「スリルはエガちゃんのおかげで売れた」と発言したこともあるのです。恐らく「迷惑している」という発言は、二人の関係が良好だからこそ、布袋さんがあえて嫌っているふりをしてネタを提供したのでしょう。


6. 役者として幅広い活躍もしている
テレビに出るといつも裸でメチャクチャに暴れまわるイメージが強い江頭さんですが、実は大川興業の本芝居公演では舞台役者としても活躍しています。その役柄は狂気的なサラリーマンなど普段の芸風を思わせるものを担当することもあれば、真面目な好青年をやりきることもあるそうで、テレビとはまったく違う姿を見ることができるのです。

7. トルコで全裸になり逮捕されている
江頭さんは1997年にトルコでTV番組の収録をした際、暴走して全裸になったところトルコ警察に逮捕されてしまったことがあります。江頭さんのパフォーマンスによって女性たちは一斉に逃げ出し、男性は暴徒と化して江頭さんに襲いかかろうとしたり、自動車を炎上させたりと大混乱。江頭さんは警察の裁判に出廷することになり、罰金を支払って釈放されました。

ちなみにこの時払った罰金は日本円にしてわずか75円だったのだとか。


8. 吉田沙保里の応援をして微妙な反応をされた
ロンドンオリンピックの応援に駆けつけ、金色のレスリングユニフォームを着込んだ姿で吉田沙保里選手の試合を観戦していた江頭さん。その様子が何度もテレビに写り込み、SNSで大変な話題となったのですが、吉田選手が所属しているALSOKの広報は「応援してくれるのはありがたいが、正直微妙です」とコメントしました。

9. 年収5000万円超稼いだ年もある
レギュラー番組や冠番組があるわけではない江頭さんですが、なんと年収が5000万円を超えていた時期があるという噂です。その収入源は何だったのかというと、それはパチンコ店での営業。ギャラの相場は1店舗あたり40~100万円と言われているそうで、江頭さんは毎週のようにパチンコ店を回っているうちに、それだけの収入を手にしていたというわけです。


10. 番組初回放送で降板させられた
江頭さんがまだ無名時代だった1993年、テレビ東京系の「名門パープリン大学日本校」という番組でレギュラーに抜擢されたことがあります。しかしその初回放送時、スポンサーが見ている目の前で全裸になって陰毛に火をつけ、直後に番組降板が決まってしまいました。初回放送で降板になるなんてまさに伝説。江頭さんの名言「1クールのレギュラーより1回の伝説」はまさにこれから来ているのでしょう。

11. 東日本大震災での救援活動
江頭さんは東日本大震災の発生からまだ10日も経っていないころ、レンタルした2トントラックを運転し、被災地の介護施設や避難所に救援物資を運んだことがあります。この手の話は真実なのかウソなのか判断が難しいところですが、この話に関しては間違いなく真実であり、本人も認めています。

ただし、他の江頭さんに関する善人ネピソードに関しては大半がウソであるとのこと。もっとも江頭さんはイメージが上がることを本意に思っていないため、真実だったとしてもウソだと答えそうですが…。


まさに生きる伝説!


他にもまだまだ数え切れないほどの伝説を残してきた江頭さん。番組降板を恐れずに自らの激しい芸風を貫き続ける姿は、他の芸人やタレントにはなかなか真似できないでしょう。これから江頭さんはいったいどんな伝説を残していくのでしょうか。さらなる活躍に期待したいですね!

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ