山崎はるか・i☆Risのステージで白熱! 『魔法少女サイト』放送直前トーク&ライブステージ 『AnimeJapan 2018』ステージイベントREPORT

SPICE

2018/3/30 13:40


いじめなど不幸な境遇に追い詰められた少女たちが、謎のWebサイトに出会ったことをきっかけに魔法少女として過酷な戦いへと巻き込まれていく姿を描く、人気コミック『魔法少女サイト』がテレビアニメ化。

2018年4月6日からのMBS/TBS/BS-TBS「アニメイズム」枠他での放送スタートに合わせ、作品の魅力をアピールすべくメインキャスト陣によるトークと、主題歌を担当するi☆Ris&エンディングを担当する山崎はるかによるライブステージが3月25日、『AnimeJapan 2018』のWHITE STAGEで繰り広げられた。

メインキャストの演じる少女たちは?

トークステージには主人公・朝霧 彩役の大野柚布子、奴村露乃役・茜屋日海夏、潮井梨ナ役・鈴木愛奈、穴沢虹海役・芹澤優、雫芽さりな役・山崎はるかが登場。

「彩ちゃんは学校でも家ででもいじめられている可哀想な女の子だけど、仕返しとかはしない穏やかで優しい子。その優しさが弱いところでもあるんですけど……」(大野)など、それぞれの演じるキャラクターについてや初めて作品に触れた時の感想、そしてアニメ本編の見所など、作品に対する各人の意気込みがステージでまず披露された。

続いてはストーリー後半に登場する、彩達とは違う学校の五人の魔法少女たちのキャスティングがキャスト陣からのビデオレターの形で発表された。コミック愛読者には緊張のシーンだ。
ビデオレターに手を降るキャスト陣
ビデオレターに手を降るキャスト陣

雨谷小雨役・原 由実
燐賀紗雪役・M・A・O
泉ヶ峰みかり役・本渡 楓
水蓮寺清春役・松井恵理子
滝口あさひ役・Lynn


この五人が演じる魔法少女たちが、どのような形で彩達と絡んでくるかもアニメ本編の大きな見所だ。さらに今話題のバーチャルYouTuber「キズナアイ」も映像でステージに降臨。本人から魔法少女サイトの管理人 捌(はち)役で声優デビューすることも発表された。

OP・EDをステージでライブ披露!

ステージ後半ではライブがスタート。雫芽さりなを演じる山崎はるかはデビュー曲ともなるエンディングテーマ「ゼンゼントモダチ」を披露。
EDを歌う山崎はるか
EDを歌う山崎はるか

続いて奴村露乃役の茜屋日海夏と穴沢虹海役の芹澤優がメンバーでもある、i☆Risが歌うオープニングテーマ「Changing point」の歌唱。ダンスの振りにも『魔法少女サイト』のイメージを盛り込んだという凝りようだ。どちらも大きな盛り上がりを見せてイベントはエピローグへ。
穴沢虹海役の芹澤優がメンバーi☆RisはOP
穴沢虹海役の芹澤優がメンバーi☆RisはOP
振付には作品のイメージを盛り込んだという
振付には作品のイメージを盛り込んだという

最後はキャストそれぞれがショッキングな中にも少女達の深い繋がりの物語が描かれる『魔法少女サイト』への期待を語り、放送間近な作品の魅力を余すことなく伝えた30分を締めくくってくれた。

取材・文:斉藤直樹

(C)佐藤健太郎(秋田書店)/「魔法少女サイト」製作委員会

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ