安藤サクラがヒロインの次々期朝ドラ『まんぷく』に若手が出ない? 松下奈緒、内田有紀、要潤ら大物の出演が続々決定

日刊サイゾー

2018/3/28 06:00


 安藤サクラがヒロインを務める、10月スタートのNHK連続ドラマ小説『まんぷく』の追加キャストが発表されたが、どうにも様子がおかしい。“若手”俳優・女優が、ただの一人も入っていないのだ。

同ドラマは、インスタントラーメンをこの世に生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)氏の半生をモデルにした作品。何度も失敗しては、どん底から立ち上がる“敗者復活戦” を繰り返した末、世紀の大発明へとたどり着くという、二人の人生大逆転の成功物語だ。

ヒロイン・今井福子役に安藤、その夫・立花萬平役には長谷川博己の起用が決まっていたが、新たにヒロインの家族のキャストが決まった。

福子は三人姉妹の末っ子で、長女(上の姉)・咲役は内田有紀、次女(下の姉)・克子役は松下奈緒、母・鈴役は松坂慶子が務める。さらに、咲の婚約者・小野塚真一役には大谷亮平が、克子の夫・香田忠彦役には要潤がキャスティングされた。

むろん、この先、ヒロインの夫・萬平の家族や、二人を取り巻く人々を演じるキャストが発表されることになるが、現時点で若手キャストはゼロ。韓国からの逆輸入俳優となる大谷は、国内ではブレークしたばかりだが、年齢的にはすでに30代後半で、“若手”と呼ぶには、いささか語弊がある。

「従来の朝ドラは、10代から20代前半のフレッシュな女優がヒロインを務めるため、その家族や、幼なじみ、同級生などの役で、多くの若手が起用されるのが通例。そこから新たなスターが生まれるのが、朝ドラの醍醐味であり、見どころのひとつでもあります。しかし、『まんぷく』では、ヒロインの安藤が32歳、夫役の長谷川が41歳であるため、若手をどこに配するかが難しい。今後の追加キャストで、若手の名が出てくることになるでしょうが、重要な役どころでは起用しづらいですね」(テレビ誌関係者)

ヒロインのみならず、朝ドラをきっかけに、多くの若手がブレークを果たしていった。朝ドラは高視聴率をキープしているだけに、テレビ業界では、「朝ドラに出れば売れる!」とのジンクスが確立している。そのため、有力芸能事務所は、朝ドラに期待の若手を送り込むのに躍起だ。現在放送中の『わろてんか』では、主人公・てん役の葵わかなをはじめ、広瀬アリス、徳永えり、水上京香らがブレークした。

ヒロインと、その相手役が、朝ドラでは異例の“高年齢”となる『まんぷく』。若手の台頭があるかどうかとなると疑問が残るが、演技力抜群の安藤と長谷川のコンビだけに“本格派”のドラマを見せてくれることを期待したい。
(文=田中七男)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス