最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【テレビの開拓者たち / 植田博樹】「地上波のテレビでもできるし、ネットで見ても面白い、というドラマを作るのが理想」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
堤幸彦を演出に迎えた自身の代表作「ケイゾク」(1999年TBS系)と、その系譜を継ぐ「SPEC」シリーズ(2010年~TBS系)の完結編となる「SPECサーガ完結篇『SICK'S 恕乃抄』~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~」が、この春、新たな動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信を開始。プロデューサーの植田博樹氏は、これまで、「ケイゾク」や「SPEC」のみならず、空前の高視聴率を記録した「ビューティフルライフ」(2000年TBS系)など、まさにTBSドラマを牽引し続けてきた“テレビの開拓者”だ。そんな植田Pに、ネット配信という新たな世界、また対する地上波テレビの可能性について聞いた。

■ 「SICK'S」の木村文乃さんと松田翔太さんのバランスは、「SPEC」の当麻と瀬文に近いかも

──「SPECサーガ完結篇『SICK'S 恕乃抄』」が、TBSも参画した新しい動画配信サービス「Pravi」でスタートします。「ケイゾク」を受け継ぐ「SPEC」シリーズとしては、4年半ぶりの新作ですね。

「僕としては、『SPEC』はあと1作で完結するつもりでいて、前作から10年後…2023年くらいに新作を作りたいなと思ってたんですけど、TBSオンデマンドのスタッフから、『オリジナルのネットドラマをやりたいんだけど、その1作目を堤さんとやってもらえないか』という話をいただいて。だったら、このタイミングで『SPEC』の完結編をやろう、と。堤さんも、『チャンスをいただけるのはありがたいことだし、10年後と言わず、いつでも!』とおっしゃってくれて」

──シリーズ完結編とはいえ、完全オリジナルのストーリーだそうですが、どういった内容になるのでしょうか。

「前作までは、『SPEC』の黎明期というか、超能力を持った人間が犯罪に手を染めたら…という物語だったんですが、今回はその能力を人工的に作ろうとする、進化に取り憑かれてしまった人間の話をやりたいなと。古今東西のSFの世界ではメジャーなテーマではあるんですけど、『ハンドク!!!』(2001年TBS系)のときに、脚本家の大石静さんが『進化とは“病”である』とおっしゃっていて。ちょうどいい進化でとどまればいいんだけど、エスカレートしていくと、それはもはや一つの病なんじゃないか、と。その大石さんの言葉を無断で拝借して、『SICK'S』というタイトルにしました(笑)」

──戸田恵梨香さんと加瀬亮さんに代わる主人公の男女コンビには、木村文乃さんと松田翔太さんが発表されました。

「当麻(戸田)と瀬文(加瀬)の物語は前作で完結したので、新しいコンビを作ろうと。文乃さんと松田くんというキャスティングは、堤さんの案です。僕は、文乃さんとは『神の舌を持つ男』(2016年TBS系)や『A LIFE~愛しき人~』(2017年TBS系)でご一緒していたこともあって、『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(2018年TBS系)の撮影の合間を縫って、参加していただきました」

──また、「ケイゾク」「SPEC」で野々村光太郎を演じた竜雷太さんの出演も決定しています。

「竜さんには今回、野々村係長の双子の弟を演じていただきます。野々村係長は、劇場版(「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」)で殉職しているんですが、『双子の弟が保谷に住んでる』というセリフを堤さんがアドリブで言わせてたので、その設定を使うことにしました(笑)。双子の兄弟だけあって、ダジャレを言ったり、女にだらしなかったりするところはお兄さんとそっくり。ただ、この野々村・弟は、真面目な公務員だったお兄さんと比べて、ちょっとひねくれてて、『この国は命を賭けてまで守る価値のあるものかね』なんていうセリフもあります。そして、松田くん演じる主人公は、その価値はあると思っている、まっすぐな若者。またその一方で、文乃さん演じるヒロインも、ちょっとひねくれていて。主人公のコンビのキャラクターのバランスは、当麻と瀬文に近いかもしれませんね」

──「恕乃抄」は“序章”という意味だと思うのですが、今後シリーズ化していくのでしょうか?

「構想としては、“序”、“破”、“急”と続いていく予定で、“破”と“急”は既に一部、撮影は始まっています。で、そこから先は全くの未定。“破=八”、“急=九”の次ということで、“十”、“十一”と続くかもしれないし、もしそうなったら、『スター・ウォーズ』みたいに、“二”から“七”は後から作ればいいかな、なんて思ってます(笑)」

■ 「SICK'S」は、“朝ドラ”的な作り方を意識しています

──今回はネット配信の作品ですが、テレビドラマとの作り方の違いはありましたか。

「地上波の連ドラの場合、各エピソードを丸々1本見てもらう前提で作っているので、前半で伏線を張って後半で回収する、といったことをやるんですけど、今回はネット配信ということで、短い尺の中にも起承転結があって、満足感が得られるような作りを意識しています。いわば“朝ドラ”的な作り方というか。まぁネットに限らず、最近のTBSでは、伊與田(英徳/プロデューサー)や福澤(克雄/監督)の連ドラは、朝ドラ的ではあるんですけどね。

今回は他にも、『配信のドラマは、客をつかむために第1話に全予算の半分を注ぎ込んでるらしい』なんて業界の裏話を聞いて、参考にしたりしていて。まるで、黒船がやってきて『メリケン(アメリカ)ではこんな風にやってるらしいぞ』とか言ってる薩長の田舎侍みたいな感じで作ってますね(笑)」

──やはりネット配信に対しては、“黒船”という印象がありますか?

「いや、そこまでではないかな。僕自身は会社が許してくれるなら、Amazonだろうが、Netflixだろうが、チャンスをいただけるならやりたいですし。ただ、今回はTBSの内部でやれるし、初対面の人たちと作るよりは、『メリケンでは…』なんて言いながら、気心の知れた薩長の仲間たちで作る方が楽しい、というのはありますよね。

あと、地上波では、コンプライアンス面のルールやノウハウの蓄積がありますが、ネットはその辺が未整備な分、黎明期の面白さや自由さは感じます。だから『SICK’S』でも、地上波だったらちょっと眉をひそめられるような表現も、昔のテレビのやんちゃさや、いい意味での行儀の悪さは出せるかなと思っていて。特に堤さんの場合は、最初からモザイクをかけることを想定して撮ったりしてますからね(笑)」

──ちなみに、植田さんにとって「ケイゾク」という作品は、一時期、編成部に移られた後、制作部に復帰して初のプロデュース作でしたね。

「編成部では、僕が初めてプロデュースした『総理大臣誘拐される』(1991年TBS系)で脚本を書いていただいた蒔田光治さんと一緒に、『Y氏の隣人』(1998年TBS系)という作品を作ったんですが、当時の上司から、『蒔田さんと親しいなら、うちでも、日テレの土曜9時の「金田一少年の事件簿」(1995年日本テレビ系)とか、「銀狼怪奇ファイル」(1996年日本テレビ系)みたいなドラマをやってもらおうよ』と言われて、蒔田さんに相談に行ったんです。そしたら、『TBSの中には、あの映像を撮れる監督はいない』と言われてしまって。そこで堤さんを紹介されたのが、『ケイゾク』の企画がスタートしたきっかけです。当時は何の実績もないプロデューサーでしたけど、各プロダクションに、『監督は堤さんです! 脚本は「ダブル・キッチン」(1993年TBS系)の西荻さんが書きます!』ということで交渉に行って。結果、名刺代わりの作品ができたと思っています」

──当時を振り返ると、「ケイゾク」の植田さんと、「池袋ウエストゲートパーク」(2000年TBS)の磯山晶プロデューサーという、TBSの2人のプロデューサーが、ドラマ界に新しい風を吹き込んだような印象があります。

「磯山の『池袋』もそうですけど、それまでのTBSのドラマ作りのフォーマットを大きく変えたとは思いますね。スタジオ2日、ロケとリハで3日みたいな、それまで何十年も続いてきたクラシックな撮り方ではなく、オールロケで、編集室を3カ月押さえっぱなしにして編集し続けるとか、音楽も、劇伴をそのまま使うのでなく、コンピューターに取り込んで音の要素だけを使うとか。『JIN-仁-』(2009年TBS系)も、音楽は『ケイゾク』のチームが担当しましたし、その後のTBSのドラマは、当時のチームの分派が作ってるものが多い。『ケイゾク』や『池袋』で始めたドラマ作りのノウハウは、今のTBSドラマに着実に受け継がれていると思いますね」

■ 「テレビではできないからネットで…」とは言いたくない

──その後、プロデュースを手がけた『ビューティフルライフ』は、最終回の視聴率が40%を超える大ヒットドラマとなりました。

「編成部時代に、木村拓哉さん主演の『織田信長 天下をとったバカ』(1998年TBS系)を担当したんですが、それも『生野慈朗が撮ります。井上由美子さんが書きます』ということで実現して。僕の作品には2つのラインがあって、ひとつは堤さんとやるエッジの効いた作品、もうひとつは、『TBS日曜劇場』的な王道のドラマ。1998~1999年あたりの仕事を転機に、今の2018年に至るまで、僕はずっとその2本柱でやってきている感覚なんです」

──ところで、植田さんが新しくドラマの企画を考えるとき、どのように発想されるのでしょうか。

「自分の中から発想が生まれるということは少なくて、映画とかドラマとか、あとは小説とか、既存の作品を見て、『自分ならこう作る』と思ったことが企画になることが多いんですよ。とはいえ、元ネタを忘れてることも多くて、『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(2013年TBS系)なんて、ずいぶん長いこと、『この企画は自分のオリジナルだ』と思ってたんですけど、去年『ブレードランナー2049』(2017年公開)を見たときに、『「安堂ロイド」って、大学時代に見て研究していた「ブレードランナー」(1982年公開)がモチーフだったんだ!』って(笑)。何年か後に初めて気が付いたっていう」

──ネット配信は、今やかなりの勢いで普及してきているわけですが、今後、地上波のテレビはどうなっていくのでしょうか。ずばり、地上波のテレビの可能性は?

「『SICK'S』もそうですが、僕は『テレビではできないからネットで…』とは言いたくなくて。地上波のテレビでもできるし、ネットで見ても面白い、というのが僕の理想です。最近よく取り沙汰される、地上波のコンプライアンスの問題も、『どうせこれは地上波では放送できないんだろうな…』みたいに、われわれが勝手に忖度しているところもあると思うんですよ。その幻想の壁は突き破りたいですよね。

また、ネット配信では、ビジネスとして成立しづらいという理由で実現が難しい企画も、テレビでは、その作品が文化として必要だからと実現する場合もある。『カルテット』(2017年TBS系)とか、他局だと『anone』(2018年日本テレビ系)みたいな、作家性の高い作品がいい例だと思うんですけど。それぞれのテレビ局に、文化の担い手であるという自覚を持ちながら、スポンサーのご理解もいただこうとする編成部のようなシステムがある限りは、地上波にも可能性はまだまだあると思います。

ただ、その一方で、ネットにはテレビの編成では絶対に不可能な、配信の仕方の自由さがあって、例えば、3分×130話で毎日更新、なんていうやり方もできる。その辺のネットの特性は、うまく遊んでいきたいですね」(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/141714/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス