安藤サクラ、朝ドラ先輩松下奈緒から助言「一番は言いたいことを言う」

クランクイン!

2018/3/23 19:30

 平成30年度後期のNHK連続テレビ小説『まんぷく』の出演者発表会見が23日、NHK大阪放送局で行われ、安藤サクラ演じるヒロイン・福子の家族役に松下奈緒、要潤、内田有紀、大谷亮平、松坂慶子の出演が発表された。

【写真】平成30年度後期連続テレビ小説『まんぷく』主な出演者 発表会見フォトギャラリー

『まんぷく』は、チキンラーメン、カップヌードルを開発した実業家・安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で懸命に生き抜く夫婦の苦労と成功を描くヒューマンドラマ。ヒロインの福子が、夫の背中を押し、家族を引っ張っていく強い女性へ成長していく様子が軸になっていく。

『ゲゲゲの女房』でヒロインを演じた松下は福子の姉・克子を演じる。松下は「また朝ドラのスペシャルな経験がさせていただけるんだと非常に嬉しかったです」とコメント。朝ドラ『まんてん』にも出演していた要が演じるのは、克子の夫・忠彦。要は「古巣に帰ってきた気持ちで初心に帰って一から頑張ります」と意気込みを語った。

福子と克子の姉・咲を演じる内田は朝ドラ初出演。内田は「一生懸命、清く正しくチャーミングに演じたいと思います」と抱負を口にした。咲の婚約者・真一役には、同じく朝ドラ初出演となる大谷亮平。韓国で数多くの映画やドラマに出演してきた大谷は「日本に戻ってきた僕にとって、朝ドラは目標であり、憧れの舞台でもありました」と感慨を語った。そしてヒロイン福子の母親・鈴を演じるのは松坂慶子。松坂は「スタッフ、キャストが一丸となって、皆さんに楽しんでいただけるドラマを作っていきたいなというワクワクでいっぱいです」と笑顔で語っていた。

実力派キャストをヒロインとして迎える安藤は、「今日、全員で会うのは初めてで、“すごい家族だなぁ”と圧倒されています」と語り会場の笑いを誘うと、「でも今は緊張感と安心感があって。福子ちゃんは末っ子なので皆さんに頼ってやっていけたらいいなと思います」とユーモアを交えて心境を明かした。

会見の中では朝ドラヒロインの経験がある松下が、新ヒロインの安藤へアドバイスを贈る一幕も。松下が「すごい大変だとは言わないし、すごい楽だったとも思わないし…」と語ると、安藤は緊張した表情に。そんな安藤を見ながら松下は「一番は言いたいことを言う! 溜めてしまうとその蓄積が10ヵ月続くので」とコメントすると、安藤も納得したように思わず「お~」と相槌。松下が最後に「基本的に私はいろんな人に甘えていました」と語ると、安藤は意を決したように「甘えます!」と宣言。これには共演者も笑顔で頷いていた。

平成30年度後期・NHK連続テレビ小説『まんぷく』は、10月1日より放送予定。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス