婚活で失敗したことがある女性24%!

すっかり定着した婚活という言葉。パーティやスマホアプリなど、お相手探しの場も増えているようです。お相手が見つかるまではいろいろあると思いますが、今回セキララ★ゼクシィで婚活について調査してみたところ、20~30代女性の24%が「婚活で失敗したことがある」とのこと。これから婚活の戦いに挑む方にとっては、心構えとして役立つ情報がたくさん詰まっているのでは? 皆さんの婚活失敗談をご紹介します。

■男性は私じゃなく、別な女性に夢中(泣)

●「パーティで可愛い友達と話すために順番待ちをしてた男性が仕方なしに話し掛けてきたこと」(32歳)
●「年下の女友達の開いた合コン。当たり前だが若い可愛い子がモテて年いった自分は成果なしだった」(36歳)
●「マッチングアプリで合った男性に初めて会うときに友達を連れて行ったら、男性はその友達にほれてしまった」(32歳)

■参加者が想像と違ってがっかり

●「明らかに冷やかしで来ていて失礼な態度の人がいた。何かそれだけでやる気が失せた」(38歳)
●「アプリで出会った男性のほとんどがヤリモクだった」(28歳)
●「婚活パーティに行ったら、男性より女性が多かった」(25歳)

■急な音信不通、しつこいお誘い

●「出会った男性と何度か遊びに行く仲になっていたのに、急に連絡が途絶えた。しかも私の誕生日あたりで。悲しすぎた」(36歳)
●「過去を告白していきなりLINEブロック」(31歳)
●「婚活サイトで急にメッセージが来なくなったり、性格の合わない面倒くさいタイプがしつこくメッセージを送ってきたり」(32歳)

■年齢の壁に落ち込む

●「20代のパーティで26歳の自分が一番年長だった時」(26歳)
●「30代に入ってから参加しても遅いと気付いた時。20代で活動している若くて優秀な女性も多いと感じた時」(33歳)
●「結婚相談所のお試しお見合いに行ったが、もう手遅れだと感じてしまった(男性の希望などが若い女性だったりした)」(37歳)

■力を出し切れなかった自分にがっかり

●「婚活パーティで恥ずかしさが先行してしまい、うまくアピールできなかった」(27歳)
●「婚活パーティで誰が誰だかわからなくて、なにがなんだかわからないうちに終わっていた。時間の無駄になった」(26歳)
●「婚活パーティでいろんな方とお会いしすぎて疲れた」(33歳)

その場を想像するとヒヤヒヤするシーンが満載ですね。どんな人がいるのか、参加してみなければわからないからこそ、なにが起こるのか読めないのが婚活の戦場といったところでしょうか。次に、そんな失敗を皆さんどう乗り切ったか聞いてみました。

■婚活の失敗はこうやって解消!

1位:友達に愚痴った(21%)
2位:さらに婚活に励んだ(13%)
3位:自分を磨こうと努力した(13%)

お友達に話して自分の中にため込まないのは大切ですよね。「友達にネタとして笑ってもらった」(28歳)というコメントもありました。自分を磨いて新たな婚活の戦いに挑むという意見もありましたが、めげずに努力しているのは素敵ですね。
このほかには「傷つかないように、参加しないようにした」(27歳)という声や「自分から好きな人をデートに誘った」(31歳)など、婚活ではないお相手探しに切り替えたというご意見もありました。

次に男性側にも同じ質問をしたところ、婚活失敗経験は7%と少数。失敗談としては「周りを盛り上げて終了」(24歳)というサービス精神旺盛なコメントのほか、「メッセージを送ってもレスポンスがない」(39歳)、「婚活パーティがサクラばかりに見えた時」(38歳)という声がありました。婚活のシビアさを感じているのは、女性の方が多いのかもしれません。

一緒に人生を歩んでいくお相手探しは慎重になるものです。でも慎重になりすぎると、男女ともお相手に厳しくなりがちなのかもしれません。実は幸せは意外に近くにあったりするのかも…。「自分が選ばれない」ことで婚活に疲れたり傷ついたりしたときは、自分らしさを発揮できる世界でへこんだ心を膨らませて、また次の戦いに挑みましょう。皆さんに素敵な出会いがありますように。

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2018/1/12~2018/1/29
有効回答数:173人(女性)

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

あなたにおすすめ