最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

せちがらい年齢制限も 『隣の家族は青く見える』で学ぶ「妊活の経済的負担」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

今夜10時より、深田恭子(35)が主演するドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)の最終回が放送される。

不妊治療というシリアスなテーマをコミカルに描いた本作は、エンタメ性に溢れ気軽に楽しめる一方で、妊活の「辛さ」についてもシビアに描いている。今回は、作中で登場した「不妊治療の経済的負担」について振り返ってみた。

■保険がきく「タイミング法」でも高額


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

深田演じる主人公・五十嵐奈々と、松山ケンイチ(32)演じる五十嵐大器夫妻が、4世帯が協同で建てて入居する「コーポラティブハウス」で暮らしながら、妊活に取り組むという内容の本作。

第3話放送後にネット上でも話題になったのは、「助成金の年齢制限」だ。

不妊治療の中でも比較的治療費が高額ではない上に、保険がきく「タイミング法」に挑戦している五十嵐夫妻。診察や検査、薬代などもろもろの総額費用を計算したところ、93,972円という「ばかにならない」金額が算出される。

■35歳未満しか助成金を受けられない地域も


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

作中のセリフによると、東京都では去年の10月から、一般の不妊治療や検査を対象とした助成金を出すようになったとのことだが、年齢制限は下記の通り。

「検査開始日における妻の年齢が35歳未満(夫の年齢制限はなし)」

年齢を重ねるにつれ妊娠する確率が下がる上に、助成金も受けることができない――という事実はシビアではあるが、将来的に妊娠を望む女性は知っておいて損は無さそうだ。

■妊活中の「働く女性」を悩ます問題


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

出費が多いなら稼がなくてはいけないのは当然の話。しかし、不妊治療をしながら働く女性には「仕事と妊活の両立の難しさ」という新たな壁が立ちはだかる。

第5話の冒頭では、奈々と大器夫妻が人工授精に挑戦する。人工授精は、排卵日の1日か2日前に精子を採取し、洗浄・濃縮した精子を子宮の中に注入する方法。多くのカップルを悩ませるのが「人工授精を行なう日時が確定するのが、前日や2日前」という問題だ。

■同僚の「迷惑」という本音にショック


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

奈々も、人工授精に合わせて「おばあちゃんの法事が…」という理由などで勤務先にシフト変更を申し出たが、上司から「もっと早く言ってほしい」と注意をされる。

最終的に奈々は職場で不妊治療をしていることをカミングアウトし、自身も不妊治療の経験がある上司の理解を得るが、同僚たちからは、

「ぶっちゃけ迷惑だよね。妊娠とか不妊治療とか文句言うと、こっちが悪者みたいになるしさ。子供関係のことって、配慮されて当然みたいな空気あるよね」

と陰で愚痴を言われてしまう。

本人の耳に入る場所で愚痴を言うのは良いこととは思えないが、仕事をカバーする同僚の負担も理解ができるだけに悩ましい問題だ。

■万単位のお金が簡単に消える治療


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

第8話で奈々と大器は、「一般不妊治療」から「高度生殖医療」にステップアップ。体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で受精させ、受精卵(胚)を子宮内に戻す「体外受精」に挑戦する。

奈々が自分で自分に注射する「自己注射」を行なうシーンではリアルな「お値段」が明かされ、経済的な負担も浮き彫りになった。

「だけどこれ1本約3回分で2万7,500円だからね。卵が育たなかったら追加だからね(中略)体外受精1回30万でしょ」

高額な上、卵を育てる大切な注射となれば「失敗するわけにいかない」という緊張で、注射を持つ手も震えそうだ。

いくらまでなら妊活に費やすことができるのか、はじめに夫婦間でよく話し合っておかないと「潮時」を見失い、貯金を使い果たす危険性も容易に想像できる。

■流産という残酷な結果に


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

体外受精1回の値段が30万し、それに注射などの費用がプラスされると考えると、それだけでも妊娠に至らなかった時は、精神面だけでなく金銭的なショックも大きい。

ましてや、お腹に宿った命が消えてしまう衝撃は計り知れない。

同作では、第8話の終わりに体外受精が実を結び妊娠した奈々が、第9話で流産してしまう。

不妊治療に取り組む夫婦にとって初期の流産は珍しいことではないが、経済的・肉体的負担を乗り越え、真面目に明るく妊活に励んできた五十嵐夫妻にとって、残酷な結果となってしまった。

■「となかぞロス」を心配するファンも


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

ショックを受けた奈々は大器へ手紙を書き残し、姿を消してしまう。奈々の行き先や今後の展開が気になる同作のファンは、ヤキモキしながら最終回の放送を心待ちにしている。






■リアルな描写に現実生活のヒントも?


現実の世界でもさまざまな試練が訪れ、未来が見えない中で多くの人がそれぞれの不安と希望を抱えている。

そんな中、思わず共感せずにいられない健気な主人公たちの行く末を知ることで、今後の実生活に役立つ思いがけない教訓を得ることができるのかも。

奈々と大器をはじめ、コーポラティブハウスで共に暮らす家族たちに、ハッピーな未来は訪れるのか――ラストまでしっかり見届けたい。

《これまでに配信した『隣の家族は青く見える』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→ベビ待ち中に出産立会い 深キョンの優しさが切ない『隣の家族は青く見える』

(文/しらべぇドラマ班・星子)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス