大竹しのぶの亡き夫、明石家さんまへ送った手紙の内容は…「しのぶをよろしく」

テレビドガッチ

2018/3/21 15:03

女優の大竹しのぶが、3月21日(水)放送の『1周回って知らない話 大竹しのぶ&福士蒼汰を丸裸SP』(日本テレビ系、19:00~20:54)に出演。亡き夫からの、いまだ見ぬ手紙の存在を語る。

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務める同番組。テレビで当たり前として扱われているが“今どきの視聴者”が知らない疑問を調査し、本人にその疑問をぶつけて明らかにしていく。

大竹は、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞2回を含め過去13回も受賞している天才女優。プライベートでは、明石家さんまと結婚するも4年で離婚。2人の間には現在タレントとして活躍している娘・IMALUがいる。そんな大竹に、今どきの視聴者から「昔はどんな女優さんだったの?」「さんまさんとは現在どんな関係なの?」などの疑問が寄せられる。

給食費も払えないほど貧乏な暮らしをしていた大竹に転機が訪れたのは、高校生の時。有名監督に「天才だ」と言わしめた映画をはじめ、その後の活躍を貴重なVTRで紹介する。

そして、さんまとの関係を説明するにあたり、大竹には欠かせない男性の存在があった。それが25歳のときに結婚した17歳年上のテレビディレクター服部晴治氏だ。結婚2年目に彼が末期ガンだとわかった大竹は、そのことを周囲にも本人にも言わず隠し続けた。その後、シングルマザーとなった大竹を支えていたのがさんま。実は元夫とさんまは交流があったという。さらに、大竹の知らないところで、服部氏がさんまに手紙を書いていたことが発覚。大竹も見たことがないという、「しのぶのことをどうぞよろしく」と書かれた手紙の真相を語る。

ゲストの「1周回って知りたいこと」を調べる新企画には、福士蒼汰がゲストとして登場。姉2人の影響で、意外にも「シンデレラ」や「リトルマーメード」が好きだということで、「ディズニー&ピクサーアニメの中で一番人気のある作品は?」という質問を投げかける。さらにメンタリストが気になるという福士のために、DaiGoの師匠がスタジオに登場。メンタリズムのカラクリが明らかになる。

あなたにおすすめ