スノーレジャー最高峰 “白馬” がマウンテンリゾートに! 国内初登場アクティビティ&絶景紅葉テラスが2018年新登場

ウレぴあ総研

長野冬季五輪の会場にもなり、スノーレジャーのメッカとして、国内屈指の環境とスケールを誇る、白馬エリア。

オールシーズン、四季折々を楽しめる、マウンテンリゾートへの進化の端緒として、栂池高原スキー場内に、フランス発の人気アドベンチャー施設が、白馬岩岳の山頂に、三段紅葉を眺められる絶景テラスが登場します。

■世界で人気! フランス発「Xtrem Aventures」国内初登場

2018年8月1日(水)に、栂池高原スキー場内にオープンする予定なのが、「Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!」(エクストリーム アベンチャーズ ハクバ ツガイケ ワオ)。

「Xtrem Aventures」は、世界15カ国・156箇所で人気の、フランス生まれのアドベンチャー施設で、日本国内では、白馬エリアに初登場となります。

三層式ネット型アクティビティ「アミダス」は、幼児から大人まで楽しめる、アスレチックフィールド。

落ちてもトランポリンのような網がキャッチしてくれるため、ハーネス着用の必要がなく、小さい子でも楽しめるほか、大人数でも気軽に遊べます。

思わず「えっ!?」と我が目を疑うのが、空中自転車綱渡り「コギダス」。

高さは、地上10m。

湖の上で、片道約140mを、白馬の山々を眺めながら往復できるとのこと。

「トビダス・タワー」は、高さ15m、4種類の様々な飛び系・ 登り系アクティビティが楽しめる、複合型タワー。

湖に飛び込むスライダーや、エアバッグに向かって滑り降りるスライダーのほか、仲間同士でクライミングバトルをしたり、プチバンジージャンプ体験ができたりします。

湖面に浮かぶ、水上アスレチック「ポチャダス」。

海上アスレチックは、国内でもいくつか見られるようになりましたが、海のない長野県ですので、湖の上に新登場します。

夏限定で、冷たい水の上で、飛んだり跳ねたり、遊び回ることができます。

「Xtrem Aventures」日本初登場ということで、アクティビティの質に期待してしまうのはもちろんのこと、北アルプスに抱かれた、「白馬エリア」の最高の自然の中で体験できるというのは、本当に楽しみですね。

■Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!

栂池高原スキー場内

営業期間/2018年8月1日グランドオープン予定(2018年夏秋営業は10月31日まで ※冬期も一部営業予定)

営業時間/9:00~16:00

アクセス/長野自動車道「安曇野」IC・上信越自動車道「長野」ICから約70分、北陸自動車道「糸魚川」ICから約50分

栂池ゴンドラリフト「イヴ」乗車、中間駅下車

運営/白馬観光開発株式会社

■文句なしの絶景&ニューヨーク発「THE CITY BAKERY」オープン!

2018年秋の紅葉シーズンには、白馬岩岳の山頂に、北アルプスの絶景が一望できる山頂テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」(ハクバ マウンテン ハーバー)が登場。

何と言っても、見どころは、白馬ならではの三段紅葉。

山の上部は、森林限界を越えて、岩肌。

中腹は鮮やかな紅葉。

そして山麓には緑が残ります。

約2,200mの標高差を、一望できるからこその、絶景なのだそうです。

写真家でなくても、「見に行きたい!」と思わずにはいられません。

■あのプレッツェル クロワッサンが食べられる!

「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」内には、1990年にニューヨークで開業した老舗ベーカリー「THE CITY BAKERY」が出店。

銀座・中目黒・広尾・品川など、日本国内でも8店舗を展開している人気店で、看板商品の「プレッツェル クロワッサン」は、ご存知のとおり、絶品ですよね。

サクサクもっちりの歯ごたえと、塩加減、コクがたまりません。

寒さの厳しい、ニューヨークのオリジナルメニューや、熱い珈琲、焼きたてのパンは、きっと白馬岩岳の山頂で食べても、美味しいはず!

■ハイセンスにプロデュース

なお、「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」は、「THE CITY BAKERY」を出店する株式会社フォンスが、お洒落な空間にプロデュース。

株式会社Fonzは、「長野県の良いものを都会で紹介する」をテーマに、ハイセンスな店舗の出店を重ねている、注目企業です。

「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」の空間づくりにも、俄然、期待が高まりますね。

■HAKUBA MOUNTAIN HARBOR

白馬岩岳山頂

2018年秋グランドオープン予定

アクセス/長野自動車道「安曇野」IC・上信越自動車道「長野」IC・北陸自動車道「糸魚川」ICから約60分

白馬岩岳ゴンドラリフト「ノア」乗車 約8分

運営/白馬観光開発株式会社、株式会社フォンス

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ