山咲トオルがセミヌード披露「30年間、スリーサイズも体重も変化無し」

漫画家でタレントの山咲トオル(48)が、ブログでパンツ1枚の姿を披露している。ファンを安心させるためにセミヌードを公開したそうだ。

1日に亡くなったホラー漫画『エコエコアザラク』などで知られる漫画家の古賀新一さんが大好きだったという山咲トオル。18日の『山咲トオル オフィシャルブログ「おネエ’s LIFE STYLE」』によると、自身もホラー漫画家である彼は今も小学生の頃に揃えた古賀さんの多数の単行本を大切に保管しているそうだ。平成10年には“山咲トオルさんへ”との宛名でイラスト入りの直筆サインを貰っており、「穏やかで優しい先生だった」と古賀さんとの思い出を綴っていた。

だがその翌日に突然、「恥をしのんで、セミヌードよ(笑)」と上半身裸の自撮り写真を披露した。なんでも久しぶりにエゴサーチしたところ、“山咲トオル 病気”と出てきたので心配しているファンを安心させたい―と考えたという。「30年前、高校3年生のまんま」「スリーサイズも、体重も変わりません」とのことだ。

この日のコメント欄には「48歳とは思えない体型!」「トオルさん、ピッチピチ。まだまだお若いですっ」などの声が届いている。

画像は『山咲トオル 2018年3月9日付オフィシャルブログ「沖縄に3日間、里帰りしました~!」、2018年3月19日付オフィシャルブログ「安心してもらえるかな?と。ヌード(笑)」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ