【薬剤師に聞きました】「点鼻薬」の種類と特徴を知って花粉症を乗り切ろう!

ママテナ


2月15日、関東地方では、ついに花粉シーズンに突入。例年よりも12日遅いとのことですが、できれば聞きたくなかったこのニュース。今や、「4人に1人が花粉症」とも言われていますが、くしゃみや鼻水、目やのどのかゆみなど、花粉症は本当に厄介…。つらい症状を少しでも和らげようとマスクや花粉防止メガネなど、対策を講じる人は多いと思いますが、点鼻薬もそのひとつです。そんな点鼻薬、じつは含まれる成分が違う商品があることをご存知でしょうか?
「点鼻薬」の種類と特徴を知って花粉症を乗り切ろう!

市販の点鼻薬はおもに3種類!


「点鼻薬にはたくさんの種類があるのですが、市販の点鼻薬に含まれる成分は、大きくは3つあります」。そう話すのは、横須賀市にあるコトブキ調剤薬局横須賀店で薬剤師として活躍する、竹中孝行さん。その3つというのは、「ステロイド成分」「抗ヒスタミン成分」「血管収縮成分」。これらについて、それぞれ詳しくお話をうかがいました。

1●ステロイド成分


まずひとつ目は、「ステロイド」。いったいどんな特徴があるのでしょう?「『ステロイド』は簡単に言うと、炎症を抑える作用をもつ成分。病院で処方される点鼻薬も、この『ステロイド』が含まれていることが多いです。ステロイドは、私たちの体内にある副腎皮質という器官でつくられるホルモンの一種で、副腎皮質ホルモンのことで、このホルモンは、体内で非常に重要な役割を果たしており、抗炎症作用、免疫抑制作用、骨代謝、糖やタンパク質の代謝など体に対して様々なはたらきを持っています」竹中さんいわく、この副腎皮質ホルモンを、病気の治療に応用するために、人工的に開発したものが「ステロイド薬」なのだとか。「花粉症の症状が強いときには、当然病院に行ったほうがいいのですが、まず市販薬でどうにかしたいという場合は、もっとも効果が期待できる『ステロイド成分』が含まれる点鼻薬を選ぶといいでしょう」

2●抗ヒスタミン成分


続いて、「抗ヒスタミン成分」についてうかがいました。「比較的軽度な症状の場合は、アレルギー成分を抑えるはたらきがある『抗ヒスタミン成分』入りの点鼻薬がおすすめです。また、点鼻薬からは少しそれてしまいますが、対花粉症用の薬は点鼻薬以外に飲み薬もあり、その多くはこの『抗ヒスタミン成分』が含まれています。症状が鼻だけでなく、目やのどなど幅広く出ている人は、『抗ヒスタミン成分』入りの飲み薬のほうがいいかもしれません」ただし、「抗ヒスタミン成分」が含まれる薬を服用すると、副作用として眠気を誘発することもあるといいます。そのため、運転前などは、服用を避けたほうがよさそうです。

3●血管収縮成分


最後は、「血管収縮成分」入りの点鼻薬。しかしこちらは、先に紹介した「ステロイド」「抗ヒスタミン成分」とは少し立ち位置が違うよう。「『血管収縮成分』が含まれる点鼻薬は、鼻づまりの改善に適しています。花粉症というよりは、『鼻づまり』という症状に効果が期待できる成分になります。また、あくまでもそのときの症状を和らげるだけで根本を改善するわけではありませんし、長期で使ってしまうとむしろ症状が悪化してしまう可能性もあるので、使用には注意が必要です」ひと口に「点鼻薬」と言っても、こんなに違いがあるんですね…!このようにそれぞれ特徴が異なることがわかりましたが、「あまりにも症状がひどいときや迷ったときはすぐに病院へ行くこと」と竹中さんは念を押します。たとえば、「鼻水」。竹中さんが言うには、「花粉症の場合はどちらかというと水っぽい鼻水ですが、膿を含んだような黄色っぽい鼻水の場合は、感染症の疑いもある」とのこと。点鼻薬は、ドラッグストアで手軽に買える、花粉症の救世主。その種類や特徴をしっかり覚えて、少しでもストレス軽減できたらいいですね。(文・明日陽樹/考務店)

当記事はママテナの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ