“膣トレ”ハマる板谷由夏、TOKIO松岡挑戦も…

女優の板谷由夏(42歳)が、3月17日に放送されたバラエティ番組「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)に出演。最近“膣トレ”にハマっていることを明かした。

TOKIOの松岡昌宏(41歳)、博多大吉(47歳)と共に、酒場でトークを繰り広げる同番組。この日は松岡と旧知の仲である板谷が出演し、東京・代々木上原でほろ酔いトークに花を咲かせた。

「最近ハマっていることは?」との話になると、「ワークアウト。身体鍛えてる。40代ヤバくない? キテるよね」と、訪れた40代を乗り切るべく身体を鍛え始めたという板谷。

具体的には「最近、骨盤底筋を鍛えるっていうのやっていて。骨盤底筋って言って、先生が『膣に力入れろ』って言うの。膣に力を入れると、女性は骨盤底筋が鍛えられるんだって。そうすると内臓のコアが鍛えられるから、腹式ができて、声が出るっていうところに通ってるの。舞台で声が出るように」と説明した。

話を聞いた松岡は「野郎はないの? それ」と興味津々。板谷によると「その先生は、“金”の裏に力を入れろって」と男性に指導しているそうで、松岡、大吉ともに挑戦するが、大吉は「“金”の裏ってもたないですね」、松岡は「10(秒)はムリ」と嘆いた。「20秒キープを1日何回もやると内臓筋が上がる」と説明を続ける板谷に、男2人は「ムリだわ……」と、その難しさを感じたようだ。

また、いわゆる“膣トレ”をしていることについて、松岡は「お前、それ旦那を喜ばす方法とかじゃないの?」と剛速球をズドン。板谷は大笑いしながら「違う違う(笑)」と否定していた。

あなたにおすすめ