『イッテQ』顔面凍傷を負って海へ… 森山あすかの健闘称える声相次ぐ

しらべぇ

2018/3/19 07:30


(画像は森山あすか公式Instagramのスクリーンショット)

日曜夜の大人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。

18日の放送では、「イモトアヤコに憧れて芸人を志した」という、森山あすかが7ヶ月ぶりに登場。負傷しながらも全力で過酷なロケに打ち込む彼女の姿に、反響が相次いでいる。

■オーロラに恵まれない森山


今回、森山は「目標を達成するまで帰国できない」という同番組の新企画「世界の果てまでイッタッキリ」に招集され、オーロラの写真を撮影し、2019年のカレンダー掲載を目指した。

しかし、オーロラが発生する気象条件は厳しく、ノルウェーとフィンランドに合わせて15日間滞在していたものの、撮影できたのはわずか3回。

オーロラの出現を待つ間、森山は顔面凍傷を負いながら「イグルー」作りに挑戦した他、地元の寒中水泳大会にも参戦した。

寒中水泳大会では25mを泳ぎきったものの、他出場者の自由過ぎる振る舞いによって栄冠は勝ち取れず、いわゆる「撮れ高」はイマイチな結果に。ノルウェーでは、極寒の海に飛び込みサーフィンに挑戦。

ここで抜群のセンスを発揮し見事に波に乗って見せた森山だったが、オーロラが出現する夜の海では昼間のような身のこなしはできず、「オーロラが出現していたタイミング」と「森山が波に乗れたタイミング」が大幅にズレてしまい、今回はカレンダー掲載は断念。

森山の努力を称えるべく、VTRのラストでオーロラと森山の波乗りを合成した映像が流された。

■「寒いことを忘れてる」大先輩たちからの助言


7ヶ月ぶりの出演とあって、過酷なロケにフルスイングで挑んだ森山。彼女の様子を見守っていた先輩女性芸人たちからは、次々にアドバイスが贈られた。

森山がリスペクトしているイモトは、極寒の海で数時間のうちにサーフィンをマスターしたセンスと、根性を称えた。

また、毎年「寒中水泳」に挑んでいる森三中の大島は…

「肩に力が入りすぎちゃってて、寒いことを忘れてる。もう少し肩の力を抜いてごらん? 寒いときは『寒い』って言ったほうがいい」

と、「寒中水泳の極意」を指南した。

■視聴者からも森山にエール


オーロラとのタイミングが合わなかったものの、極寒の地で必至にジタバタしてきた森山。視聴者からも彼女の健闘を称える声が相次いで寄せられている。









がむしゃらに頑張る森山の姿に「応援したくなった」という人が続出中。中には、森山のサーフィンのセンスを踏まえ「イモトが山なら海でいこう!」といった提案も。

■「日テレのバラエティ」は男女共に支持率高し


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,361名を対象に「バラエティが面白いと思うテレビ局」について調査を行ったところ、男女共に日本テレビが首位を獲得した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

(©ニュースサイトしらべぇ)

2位以下は男女で差が見られるものの、どちらも日本テレビが圧倒的な支持率を得て首位にランクインしている。

エゴサーチの結果、「消えた」「干された」というワードがつきまとっているという森山。今回の大健闘をバネに、次回に期待したい。

・合わせて読みたい→「目が死んでる系」男子に注目!ハマる女子の意外な傾向とは

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ