『海月姫』トキメキシーンを振り返り! 今夜は最高レベルのキュン死警報

しらべぇ

2018/3/19 06:30


今夜9時から、最終回・第10話が放送される『海月姫』(フジテレビ系)。

蔵之介(瀬戸康史)と修(工藤阿須加)の鯉淵兄弟が、ヒロイン・月海(芳根京子)をめぐって熱い三角関係を繰り広げる中、「月9王道」なシーンがたっぷり展開されてきた。最終回を前に、そんなキュンキュンする名シーンの数々をプレイバック!

さらに一足早く入手したビジュアルと共に、最終回のポイントを紹介する。

■バックハグにキュン期待値が…


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

第1話で、お互いに一目惚れだった月海と修のため、水族館デートをセッティングした蔵之介。変身させた月海に近距離で見つめられて、蔵之介もドキドキしてしまうシーンもあったが、やはりTLが沸いたのは水槽の前で、修が泣いている月海を抱きしめた瞬間。

“シンデレラ・コメディー”として、「キュンはちょっと少なめかなぁ」と思っていた人にも、このバックハグは「月9王道」路線に期待感が高まるポイントになった。

第2話で、修と稲荷翔子(泉里香)が交際していると思い込んだ月海。落ち込んで泣きじゃくるのを慰め、抱きしめるのが蔵之介じゃなく蔵子なのに、キュンキュンする人が続出。

「女辞めたくなる」ほど美しい蔵子ではあるのだが、早くもこのあたりからみんな「蔵子でもキュン死」し始めていた。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

そして、月海が母の言葉を思い出し、ウェディングドレスのような格好で佇むシーン。思いがけない姿に、驚く蔵之介のドキドキに共鳴してキュンとした人も多かったはず。

第3話では、こんな不器用な二人のデートにほんわかしたが、



やはり盛り上がったのは、屋台で酔っ払って寝てしまった月海を蔵子がお姫様抱っこ。

また、天水館を訪れ、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)の襲撃を受けながらも、「あなたのことを抱きしめたのは、あなたのことを守りたいと思ったからです!」と月海に呼びかけた修の必死な様子に、男らしさを感じる人が少なくなかった。

■蔵之介の気持ちが漏れ出した中盤


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

第4話では、「自分のような人間と一緒にいて、恥ずかしくないのか?」と問う月海に、「いい加減少しは自信を持てよ」と怒った蔵之介が、変身させることを「月海が本当は、かわいい女の子だって思っているからだろ!」と口走り、蔵之介に「かわいい女の子」言われたい女子が大量発生。

焦って帰る途中の様子も、「こんな反応されたいぞ!」という気持ちにされまくり。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

そんなことがあったのに、自然に一緒にお買い物へ行ける二人がうらやましいが、最大規模のキュン死者数を出した第5話。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

ファッションショー会場で稲荷の隣に座っている修と、舞台袖から見つめ合う月海の様子に、「月海、俺を見ろ!」と声を放つ蔵之介が、蔵子なのにカッコよすぎる…。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

さらにショーの後、信じていたけれど蔵之介が来なかったら…と不安だったことを打ち明ける月海に、蔵之介が不意打ちキス!

TLが「ちゅーした!!」だらけになっただけでなく、「心臓止まった」「死んだ」コメント多数で、前半の「神回」として多くのファンが盛り上がった。

■修の巻き返し


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

月海のそばにいる蔵之介が圧倒的に有利&ファンの応援も蔵之介派が数的有利を見せる中、第2章に入ってグイグイ巻き返した修。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

蔵之介の実の母・リナ(若村麻由美)から頼まれたドレスのオーダーをきっかけに、月海と大接近。「二人だけの秘密」を持つなんて、オクテすぎる修と月海のキャラクターを考えると、かなりの成長ぶり。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

また、尼~ずのみんなが離れてしまい月海が落ち込んで歩いていると、振り向いたらそこにいて、優しく話を聞いてアドバイスをくれただけでなく「これからは、何かあったらすぐに僕に相談してください。泣いたりする前に、必ず」って、すっかり王子様。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

しかも、デモの際には予め許可証を用意して駆けつけ、「大丈夫です。何が起きても、僕がどうにかします」と力強く見送ってくれるなんて、完璧すぎる!

終盤には、「月海さん、好きです」とストレートすぎる告白。この回ばかりは、蔵之介派を上回る修派のコメントが目立った。

しかし、第7話では勢いのままに暴走して、手紙でプロポーズ。



改めて「月海さん、僕と、結婚を前提におつき合いしてください」という直球ぶりと、超小さいストロークでうなずいた月海のかわいさには、多くの人がほっこりしたが、その後の蔵子の切なすぎる表情の前に、ちょっと霞みがちだったかも。

■サービスショットからの…


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

月海が大変なことになっているとは知らず、のん気にイタリアで婚約指輪を買っていた修に、「俺はあきらめない。どこにいようと、どんな遠くへ行こうと、俺はあいつを捕まえる」と啖呵を切ったセリフも悶絶したが、終盤の神回である第8話はシャワーシーンで大盛り上がり。

そして、月海を抱き寄せ「行くな月海。行くなよ。行くなよ。どこにも行くな、月海」と言う蔵之介に、大量の女子がキュン死。

キスではなく、抱きしめて服をギュッと掴む仕草に想いの強さが感じられて、キュン度をアップさせていた。

■「恋人だよ」に思わず妄想


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

修と月海が「結婚前提のおつき合い」に至ってはいるものの、蔵之介も一歩も引かない状態の第9話。

蔵之介がファヨン(伊藤ゆみ)に月海との関係を詰問され「恋人だよ」と言ったシーンは、ヒロイン・月海がその場にいない状況にもかかわらず、この回最大のキュン指数を記録する。

想いが届いていない切なさに沸いた層もいたが、それ以上に「自分を対象に言われた妄想」を炸裂させた女子が相当数出現した。

そして、無事に解放された月海が蔵之介と修に再会したシーン。蔵之介が踏み出そうとした瞬間に、修がインターセプト気味に月海を抱きしめ、幸せそうな二人にキュンとした人もいたはずなのだが、完全に「蔵子かわいそう」TL化。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

跪いて指輪ケースをパカッとする、鉄板キュンな修のプロポーズ場面。

しかも、「月海さん、僕と、結婚してください。もう何があっても、あなたの手を離しません。だからずっと、僕のそばにいてください。僕が、あなたのことを守りますから」と、ド直球フルバージョンでお届けされたが、これも「お前、まさかここで!?」と「蔵子の前でするのは…」に掻き消され気味だった。

修の一途で真っ直ぐな言動に好感を持ちながらも、切ない蔵子・蔵之介の表情にキュンとしてしまうケースが多い。また、二人の気持ちを知っている蔵之介が、気持ちを抑えきれなかったシーンに「死んだ」「息してない」となるのが、本作の特徴。

そんなキュンキュンする三角関係の行方は、今夜の最終回でどうなるのか…。

■最高レベルのキュン死警報


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

今回も一足早く、しらべぇドラマ班は最終回をチェック。予告編でも沸いたようにオールスター状態で、ノムさんが再登場して「どっふ~」だし、

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

ニーシャ姐さんから相変わらずの「このド素人!」怒声が飛ぶし、さらに原作ファンが気にしている、あの人の登場も…。

また、評価爆上げ中の稲荷が、さらに好感度アップするかも!?

なお、ネタバレはできないが、月海や尼~ずの成長を感じまくりだし、登場人物たちが随所で見せる思いやりにグッとくる。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

そして、予告編だけでもキュンキュンしている人が多いので、今夜の最終回に最大レベルの「キュン死警報」を発しておきたい。確実に「ねぇ、息してる?」状態になると思われるため、要注意。

ラストまできっちり盛り上げてくれる『海月姫』最終回、しっかり見届けよう!

《これまでに配信した『海月姫』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→月海奪還の『海月姫』 瀬戸康史「恋人だよ」工藤阿須加の横取りハグに悲鳴

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ