『99.9』嵐・松本潤の「オヤジギャグ」を、デーブ・スペクターが辛口ジャッジ!


 今クール、絶好調なドラマ『99.9―刑事専門弁護士 SEASON Ⅱ―』(TBS系)。大ヒットを飛ばした1stシーズンに続き、2シーズン目の今作も、主演の嵐・松本潤をはじめ、香川照之など、人気の顔ぶれが勢ぞろい。視聴率も上々で、今期ドラマの中ではトップを独走状態だ。

そんな無敵のドラマだが、ネット上で賛否両論を呼んでいるのが「ダジャレ」。松本演じる深山大翔が、劇中で頻繁にダジャレを披露していることが話題を呼び、「くせになる」「ジワる」といった好評の声もあれば、「うざくて集中できない」「オヤジギャグ、必要?」との嫌悪感もお茶の間から聞こえてくるのだ。

果たして、このダジャレは面白いのか? 放送するほどの価値はあるのか? そこで、日本が誇るダジャレ名人のデーブ・スペクター氏に、『99.9』に登場したダジャレについて評価してもらった。

「ダジャレだったら、野口五郎か僕だからね~」と登場したデーブ氏に、まずは、1~7話までのダジャレ(次ページにリンク)に目を通した上で総評をうかがおう。

<総評>70~80点!

もっとシビアな点数がつけられると思いきや、意外と高い採点結果に。その評価ポイントは?

「すごくくだらないオヤジギャグだけじゃなく、難しいものも入ってるね。ドラマでオヤジギャグをやるのは、ハードルが高いんですよ。真面目な視聴者もいるし、スポンサーもついてるから、問題にならないように作る。企業名は使えない、個人名や芸能人の名前を使うのもリスクがある。ストリーミングやDVD化して残ることを考えると、時事ネタはできない。下ネタもマズい。だから、もっとやりたくても“縛り”があると思うんですよ。このくらいのダジャレでも、頑張ってると思いますよ。でも、ネタならもっとあると思うけどね~」

ドラマがディスク化され、後世まで残ることを考えると「今はよくても、古くなるダジャレ」は使えない。ダジャレに使ったタレントが事件などを起こしたら、面倒なことになる……など、さまざまに考慮すると、「間違いありま千と千尋の神隠し」(4話)が固有名詞を使えるギリギリなラインだとか。

また、『99.9』におけるダジャレは、デーブ氏のダジャレと大きく異なる点があるという。

「ドラマは、なんでも言っていいワケじゃないですね。ワゴンの上に置いてある小物を手にとって、思いついたダジャレをいうパターンと同じね。アクションやストーリーに関連して、セットの中でやるから、限られてしまう。それと、僕がやってるダジャレは、皮肉と風刺。ドラマはそういう風刺はできないよね」

というわけで、ここからはデーブ氏に「これは唸った!」ダジャレと「これはヒドい」ダジャレを選出してもらおう。

【これは唸った!】
・きゅうり走り出してトマトったでしょ(急に走り出して戸惑ったでしょ)
→きゅうりとトマトを持ちながら

「これはいいですよ。よくできてる。若干わかりにくいけど、オブジェを持ってればわかる。文字がなければ伝わらないダジャレも多いけど、ドラマだと文字ナシでやらなきゃいけない。口頭だけだから、江東区だけの放送ならいいけど全国だからね~」

・めしあが、サクリスティ(アガサ・クリスティ)
→料理を出しながら

「これは非常にわかりにくいから、点数あげたい。ドラマを見てる人で、アガサ・クリスティを知ってる人もそんなにいないでしょ。これを入れたってことは、ハードルを上げてる。ドラマを作る中で何度も会議がある、これが落ちなかった、放送した心意気に点数あげる」

【そこそこ】
・いただき松本零士

「僕の『おはようございますだおかだ』『おはようご財務省』と同じで、言葉を途中から変えていくパターンですね。僕も、こういうのはシリーズで100個くらいあるよ」

・こんな動画撮るなんて、どうがしてるな
→犯行現場の映像を見ながら

「これは自分もやった。悪くないね」

・パクチ光秀(明智光秀)
→パクチー料理の弁当屋にて

「これは難しいダジャレだね。ドラマのシチュエーションを使ってるから伝わった」

【これはヒドい!】
・電話をかけても誰もでんわ

「これは……やらない方がよかったね。このダジャレで、ドラマはだいぶ損したよ! ダジャレでドラマがすべったらシャレにならない。僕は電話のダジャレはやらないよ。ありすぎてるからね~」

最後に、デーブ氏はダジャレについて、こんなことを語ってくれた。

「同じダジャレを何度も言うのは一番つらいですよ。言う人もつらいんです。そういう意味で、リハで何度も言ってることを考えると、『99.9』は偉い。だんだんしらじらしくなるじゃないですか。ダジャレを聞いた人は、『自分だったらこう言う』と、Twitterに載せたりして盛り上がるでしょ?だから、当たり前すぎるのはやりたくなくなるんですね。僕も『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)でダジャレをやってるけど、凝りたくなっちゃう。ダジャレはきりがないから、どこまでこだわるか、時間をかけるかですね」

【1話】
・いただきマングース

・お金はおっかねー

・脂肪がしぼーめー
→おなか周りを見ながら

・映像のピントがアメえぞ(ピントがあめえぞ)
→飴を持ちながら

・写真を撮る時は身長(しんちょう)にね
→写真を撮る時に

【2話】
・透明人間、と、うめいインゲン(透明人間とうめえインゲン)
→インゲン豆を持ちながら

・きゅうり走り出してトマトったでしょ(急に走り出して戸惑ったでしょ)

・めしあが、サクリスティ(アガサ・クリスティ)

・うん、この味!(うんこの味)
→うまいか? と聞かれて

・いただきマツコ・デラックス

【3話】
・いただき松任谷由実

・写真がボケてなくてフォット(ホッと)したよ

・写真を撮るときはしゃしん(初心)忘れるべからず
→モアイがデザインされた写真立てを持ちながら

・君とはやっぱり合いそうモアイ(合いそうもない)
→上の発言を受けて

【4話】
・いただきマゼラン海峡

・絶対に間違いありま千と千尋の神隠し
→法廷での証言時

【5話】
・いただきますだおかだ

・ちょっと、カンバン(勘弁)してよ~
→看板を見ながら

【6話】
・こんな動画撮るなんて、どうがしてるな

・いただきマスカレード、庄野真代

・パクチ小五郎(明智小五郎) 対 怪人二重弁当(怪人二十面相)
・パクチ光秀(明智光秀)
→パクチーのお弁当屋にて

【7話】
・今、クスリとしたよねえ?
→薬袋を持ちながら

・心がスーツ(スーッ)としたでしょう
→スーツを持ちながら

・電話をかけても誰もでんわ

・何を隠そう、眼鏡には目がねえ
→眼鏡を持ちながら

・いただき漫☆画太郎

・いただき松本零士

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ