非日常を味わえる!最近の恋愛系ドロドロドラマ4+3選

yummy!


非日常を味わえる!最近の恋愛系ドロドロドラマ4+3選

人生で最大の修羅場は2年前の…おーっとこれ以上は言えませんね。ライターの網野新花です。
最近では芸能人の不倫が大きく報道されるようになったこともあり、恋愛系ドロドロドラマは増えつつあります。
今回は最近放送された恋愛系ドロドロドラマの中から、4つ+3つをセレクトして紹介していきます。「最近毎日がつまらない」「刺激的な日々を過ごしたい」という人はチェックしてみては?

ナオミとカナコ(2016年放送)



大学時代からの親友であるナオミとカナコが結託し、DVをしているカナコの旦那を殺そうと計画を立てるドラマ。ナオミ役は広末涼子が、カナコ役は内田有紀が、カナコの旦那は佐藤隆太が演じています。
ドロドロ恋愛ドラマはいろいろありますが、「DV」と「殺人」がストーリーの中心になっているものは非常に珍しく、刺激を味わえますよ。
公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/naomi-kanako/index.html

不機嫌な果実(2016年放送)



林真理子の同名小説が原作のドラマです。栗山千明演じる麻也子が、市原隼人演じる通彦に結婚をしていながらも恋をし、さらにその周りを麻也子の夫や麻也子の友人などがとりまき、群像劇を描いていきます。
登場人物ほぼ全員が不倫をしており、誰一人にも共感できないこと間違いなし(?)。ドロドロしていながらも笑い要素もあるので、(ドロドロ系恋愛ドラマでは)爽やかに見られますよ。
公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/fukigen/

昼顔(2014年ドラマ放送 2017年映画上映)



「平日昼間に不倫をする妻」をテーマにしているドラマです。上戸彩演じる笹本紗和と、斎藤工演じる北野裕一郎が車上荒らしトラブルで出会い、不倫関係に。
斎藤工のセクシーさが際立つ演技や、「午後3時。私は悪女になりました」などのところどころに登場する印象的な言葉など、ドロドロ系が好きじゃなくても楽しめるポイントがたくさんあるドラマです。
ドラマだけではなく、映画も公開されているので、ドラマを見たあとに映画を見るともっと楽しめますよ。
ドラマ公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/b_hp/hirugao/index.html
映画公式サイト:http://hirugao-movie.jp/

毒島ゆり子のせきらら日記



主人公である前田敦子演じる毒島ゆり子は、大手新聞社に勤めている超恋愛体質の女性です。「常に恋人がいないとイヤ」というタイプで、「二股はかけても不倫はしない」というモットーのもと、二股をかけています。
毒島ゆり子を中心に、「愛と裏切り」がうずまく恋愛と政治を描いています。ドロドロしていながらも、共感できるポイントも多い作品なので、作品の世界観に入り込みやすいドラマです。
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/busujima/

冬放送のドロドロドラマはチェックした?



もう放送は終わってしまいましたが、2018年冬クールのドラマはドロドロドラマが豊作でした。
不倫系ドロドロの「ホリデイラブ」や、モラハラ系ドロドロの「きみが心に棲みついた」、"ドロキュン"が熱い支持を集めた「トドメの接吻」などさまざまな作品がありました。
「見逃しちゃった!」という人はこれらの作品も要チェック。
ホリデイラブ 公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/holidaylove/
きみが心に棲みついた 公式サイト:http://www.tbs.co.jp/kimisumi/
トドメの接吻 公式サイト:http://www.ntv.co.jp/todomenokiss/index.html

恋愛ドロドロドラマで日常に刺激を!



非日常的な世界がのぞき見できる恋愛系ドロドロドラマ。「毎日が退屈」「何か刺激が欲しい」「華やかな日々に憧れる」という人は、恋愛系ドロドロドラマを見て疑似体験してみては?
(網野 新花/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ