次にブレイクしそう!? 期待の「脇役俳優」3名

まいじつ

2018/3/18 11:00

makoto.h / PIXTA(ピクスタ)
makoto.h / PIXTA(ピクスタ)

2月21日に急死した俳優の大杉漣さん。亡くなる直前まで出演していたのは『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系)だった。

「大杉さんのほかに遠藤憲一田口トモロヲ松重豊光石研という脇役たちが顔を揃えた連続ドラマで、3月7日放送の最終回の平均視聴率は4.5%でした。特に高くはないものの、同じ時間帯に放送されている広瀬すず主演の『anone』(日本テレビ系)の同5.4%に肉薄しています。視聴者の大杉さんへの関心が高かったことが分かります」(芸能ライター)

このドラマの出演者を含め、近年では名脇役が脚光を浴びている。これからブレイクしそうな脇役俳優は誰だろうか。

これから注目の3人の脇役


「若手でブレイクしそうなのが矢本悠馬です。NHKの朝の連続テレビ小説『花子とアン』の武、映画『ちはやふる』シリーズの“肉まんくん”、 NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』の“之の字”の演技で評価を上げ、現在は深夜ドラマ『賭ケグルイ』(TBS系)に出演しています。劇団『大人計画』出身で、どんな役柄もこなしています」(同・ライター)

40代でさらに伸びそうなのが松尾諭だ。

「下積み時代は井川遥の付き人をやっていて、ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)で注目を集めました。最近は映画『シン・ゴジラ』、朝ドラ『わろてんか』など、いろんな作品に顔を出しています。同じく脇役俳優の田口浩正と似ているとよく言われています」(同・ライター)

最近では、お笑いコンビ『ドランクドラゴン』の塚地武雄など、俳優として活躍するお笑い芸人も増えた。そのなかで注目されているのが元『キングオブコメディ』の今野浩喜だ。

「『下町ロケット』(TBS系)での演技が好評で、それから出演オファーが絶えないようです。演技力はもちろんですが、顔面のインパクトの強さも魅力です」(同・ライター)

今後に期待したい。

【画像】

makoto.h / PIXTA(ピクスタ)

あなたにおすすめ