ドナルド・トランプ・ジュニアからの“破廉恥メール” 元モデル女性が暴露

第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプとその最初の妻イヴァナ・トランプさんの息子ドナルド・トランプ・ジュニア氏が、妻ヴァネッサ・ケイ・ハイドンさんとの離婚を申請した。「互いに対する敬意を持ち続ける」などごく一般的な離婚声明を発表したばかりだが、トランプ・ジュニア氏は妻に対する敬意どころか、表面的にはうまく行っていた頃から他の女性に心を奪われていた可能性がある。

「12年間の結婚生活を送り、私たちは今、別々の道を歩んで行くことを決意しました。お互いに思いやりや敬意を持ち続け、常に5人の美しい子供たちを最優先としてまいります。今しばらく私たちのプライバシーを尊重して下さるようお願いします。」

そのように妻との共同声明を発表したドナルド・トランプ・ジュニア氏だが、事情は想像以上に複雑だったもよう。米『PEOPLE.com』によると離婚申請が報じられた後、元モデルのメリッサさん(Melissa Stetten)がTwitterを更新。まずはこのようにツイートしているのだ。

「彼の結婚が続かなかったなんてビックリ。だってこの人、私に直接メールを送っていたのよ。奥さんの出産後にね。(私が「タンポンを交換中に筋肉を痛めた」ってツイートしたら、彼はこんな返事をよこしたの。「ベーコンのニオイがするか?」って。クールなジョークですこと。)」

また別のメッセージにはこのように書かれてあったとして、メリッサさんはそのスクリーンショットを公開している。

「あのベーコンのコメントのせいで、酷い目にあってるんだ。昨日の晩、バスルームにいる姿の写真をリクエストするツイートを送らなくて良かったよ。みんな落ち着かなきゃ、だぜ。」

全く面白くもない冗談を、産後間もない妻がいながら書いていたトランプ・ジュニア氏。その人間性を疑われても仕方がないことを、本人が一番よく分かっていることだろう。

画像は『Donald Trump Jr. 2017年11月8日付Instagram「Casting our votes one year ago today in NYC for @realdonaldtrump and bringing the monsters to watch democracy in action.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ