生駒里奈、手島優…“壮絶ないじめ”に遭った過去を明かした芸能人4人!

TOCANA


 きらびやかな芸能界で活躍するタレントたちの中には、いじめられた過去を持つ人たちも少なくない。乃木坂46生駒里奈(22)は、小学生時代いじめに遭っていたことをテレビ番組で明かしている。スクールカーストの中で「一番底辺にいた」という生駒は同級生からシカトされ、登校したらロッカーに入れていたものが床に散らばっていたそうだ。

母親を心配させたくなかったため、不登校にはならなかったと語る生駒。しかし、高校に進学すると学校の雰囲気に馴染めず、学校に行くのをやめようかと考え始めたという。この時、父親から気分転換も兼ねて勧められたのが乃木坂46。オーディションに見事合格した生駒は、1枚目から5枚目までのシングルでグループのセンターを務めた。

仲間由紀恵

女優の仲間由紀恵(38)もいじめに遭っていたという芸能人のひとり。2016年に放送された『7時にあいましょうSP』(TBS系)に出演した仲間は、「中学時代にちょっとしたいじめみたいな、ちょっとした無視があったりとか…」と発言している。

シカト以外にも「旅行かなんかで学校に貼り出された写真の顔に傷があったり…」など、陰湿ないじめがあったようだ。しかし、いじめがあると「親友が『気にしないで』と励ましてくれた」とも語っていた。ちなみに仲間は、東京パフォーマンスドール出身の先輩・篠原涼子(44)にいじめられていたと言われており、今でも共演NGだとウワサされている。

田村淳

ロンドンブーツ1号2号の田村淳(44)は、2015年に発売された著書『35点男の立ち回り術』(日経BP社)で、小学生時代にいじめられていたことを明かしている。田村はいじめについて、「黒板消しで叩かれて粉まみれにされたり、机の中にカビの生えたパンを入れられた」と証言。これらのいじめは半年間も続いたという。

その後、いじめを何とかしようと思った田村少年は、ジャッキー・チェン(63)からヒントを得て行動を起こすことに。ホームセンターで木の棒とチェーン、ネジを買った田村少年はヌンチャクを製作。次の日、教室に入るやいなや自家製ヌンチャクを振り回して大声で暴れ、いじめっ子の顔をぶん殴ったのだという。この一件で先生にこっぴどく叱られたという田村少年だが、その日以来いじめは無くなったそうだ。

手島優

バラエティ番組で活躍するグラビアアイドル手島優(35)は、壮絶ないじめに遭っていた芸能人。2015年、情報番組に出演した手島は番組内でいじめ問題が取り上げられると、「石を投げられたり、カバンをぶつけられたりしていた」というエピソードを語った。

小学生から中学生までいじめられていた手島は当時身長が高く、体重が70キロ以上あったため“ドスコイ”というあだ名で呼ばれていたそう。同級生から無視され、上履きをボロボロにされ、机に花瓶を置かれ、教科書を隠されるなどのいじめを中学校3年間繰り返された手島。掃除の時間の前には“人間掃除機”として男子に足を抱えられ、廊下を引きずり回されることも。さらに、男子に上履きで殴られて鼓膜が破れたこともあったそうだ。いじめの原因は不明だというが、手島は「言い返さなかったから“お前には意思がないのか”みたいな感じでムカつかれてたんだと思う」と当時を振り返っている。

(文=ヤーコン大助)

画像は、「乃木坂46」公式サイトより

当記事はTOCANAの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ