秋元康総合プロデュース、22/7セカンドSG『シャンプーの匂いがした』MV公開

Billboard JAPAN



デジタル声優アイドル、22/7(ナナブンノニジュウニ)が4月11日に発売するセカンドシングルより、『シャンプーの匂いがした』のミュージックビデオのフルヴァージョンが公開された(https://youtu.be/79qPHlqistg)。

秋元康氏がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み、総合プロデュースするデジタル声優アイドル、22/7(ナナブンノニジュウニ)。本映像は、デビューシングル『僕は存在していなかった』に引き続き、劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』やカップヌードルCM『HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇』で話題のタツノコプロが手がける。『劇場版 TIGER&BUNNY The Rising』のオープニングアニメーションの絵コンテ・演出を担当し、昨年放送されたTVアニメ『亜人ちゃんは語りたい』で初監督を務めた安藤良を監督に迎え、美術監督には『ソードアート・オンライン シリーズ』『攻殻機動隊 シリーズ』の竹田悠介、CGディレクターに『プリティーシリーズ』の乙部善弘と、錚々たるクリエイター陣が今回も顔を揃えた。アニメーションキャラクターデザインは引き続き堀口悠紀子が担当している。

フル3DCGアニメーションで描かれ、ダンスシーンの各キャラクターの動きの基になるモーションキャプチャの収録は専門のダンサーやアクターではなく、それぞれのキャラクターの担当声優のメンバー本人が担当。担当声優の動きがミュージックビデオ内のキャラクターに反映されるという、まさしくキャラクターとキャストが一体化したとも言える“デジタル声優アイドルグループ”22/7ならではのミュージックビデオとなっている。前作以上に22/7のキャラクターたちそれぞれの表情や動きも豊かになっており、それぞれの関係性やストーリーも伺える見どころたっぷりのミュージックビデオだ。

そして、配信内で『シャンプーの匂いがした』全3形態のジャケットデザインも公開となった。すべて堀口悠紀子描き下ろしによって手がけられた今作のジャケット。Type-Aには春らしく桜の花びらの絨毯に寝転がった22/7のキャラクター8人が集まった本作のビジュアルが採用され、Type-Bは水中でお互いを見つめ合う、みうと絢香が。そして通常盤は桜咲く道を傘を片手に振り返るみうの姿が描かれている。どのジャケットも22/7のキャラクターの魅力に溢れたものとなった。

22/7は現在【割り切れない集い-演劇編-】と題したイベントを各地のレコード店で行っている。こちらは、トークと共に演劇を披露するという、デジタル声優アイドルらしい趣向の内容となっている。

◎リリース情報
シングル『シャンプーの匂いがした』
2018/4/11 RELEASE
<初回仕様限定盤Type-A(CD+DVD+トレカ)>
SRCL9713~4 1,667円(tax out.)
<初回仕様限定盤Type-B(CD+DVD+トレカ)>
SRCL9715~6 1,667円(tax out.)
<通常盤(CD)>
SRCL9717 1,111円(tax out.)

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ