長く続かない「飽きられ女子」に共通するNGポイント3つ

愛カツ

2018/3/14 21:00


好きな人とやっとの思いで付き合えたのにすぐに別れてしまう、急に彼の態度がそっけない…。

こんな経験はありませんか?

ケンカしたわけでもないのにお付き合いが長く続かない理由は、もしかしたらあなたが彼に“飽きられてしまっている”のが原因かもしれませんよ。

そこで今回は、そんな“飽きられ女子”に共通する3つのNGポイントをまとめてみました。

長続きしない女性

■ ■1:何に対しても「なんでもいいよ」

デートの行き先を決めている時や何を食べるか迷っている時、「〇〇くんと一緒ならどこでもいいよ」という返答をしてしまってはいませんか?

彼と一緒ならどこに行っても楽しい、おいしいと思っての返答だったとしても、毎度同じようなことを返されてしまう彼からしたら、飽きられて当然と言えます。

受け身が悪いこととは言いませんが、たまには「〇〇行きたいな」、「〇〇の△△が食べたい」など、あなたの希望を伝えてみましょう。

また、「なんでもいい」と言っておきながら、決まったことには文句を言うというわがままな態度を取ってしまうと、彼もさすがに疲れてしまいます。

ただの“イエスマン”になるのではなく、自分の気持ちも彼に伝えるようにした方が、彼も嬉しく感じるはずですよ。

■ ■2:常に否定的

男性は自分の話を聞いてもらうのが好きな生き物。

話の途中で腰を折られたり、否定されたり、言い返されたりすると、だんだん話すのが嫌になってしまいます。

中でも、特に男性が嫌うのは、「でもそれって…」や、「だって…」というような否定的な言葉。

どのような話でも、とりあえず最後まで話を聞いてあげる。これだけでも、男性は嬉しく思うものです。

否定的な言葉が多い女子は、話の内容も暗いというイメージが強くなり、それに嫌気がさして距離を置かれてしまうということが多いです。

「でも」や、「だって」という言葉は一旦封印し、明るいイメージの会話をするよう心がけてみてください。

一緒にいて明るく楽しい雰囲気の女子は、男性からも大変人気がありますよ。

■ ■3:お母さんぽい

「ちゃんとご飯食べた?」、「今日は寒いから暖かい恰好してね」など、彼を心配するあまり、母親のような言動をしてしまってはいませんか?

男性はみんなマザコンだと言いますが、お母さんのような彼女が欲しいわけではありません。

お母さんが2人もいるとなると、うっとうしくなるのは当たり前。

あまりに彼の体調管理や家事などをしっかりやり過ぎると、彼自身、あなたのことを彼女ではなく母親と思ってしまうかもしれません。

それなら、「一緒にご飯食べよう」、「今日は寒いね~」など、彼女として彼と過ごすことを考えましょう。

いかがでしたか?

“飽きられ女子”に共通する上記のポイント。どれも納得出来るものばかり。

せっかく彼のためと思って取った行動や言動でも、彼自身がうんざりしてしまっては意味がありません。

どんなときでも楽しく、2人揃って新鮮さを求めて過ごすということで、お互いに“飽きる”ということは減っていくのではないでしょうか。

“飽きられ女子”になってしまわないために、ぜひ今後の参考にしてくださいね。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ