縁起の良いマンション階数は?占い師直伝「物件選び」のポイント4つ

ananweb

2018/3/14 19:45



進学、就職、転職……、春は生活環境が大きく変わるタイミングですよね。気持ちも環境も心機一転、幸先よくスタートを切りたいものです。そのためにはどうすればいいのでしょう!? そこで今回は、「幸先よく新生活をスタートできる“場所”」を占い師の脇田尚揮さんにご紹介いただきます。

文・脇田尚揮

■ ■窓から「山」が見える場所に住むと、周囲からの評価アップ

新生活の拠点を選ぶ上で、ひとつの指標となる“窓からの風景”。もしも窓から山が見えるようなら、その家はこれからのあなたを強く支えてくれるでしょう。

山が見える風景はあなたの自尊心を高め、また周囲からの評価を上げてくれるのです。

なるべく高い山が遠くに見える家を選ぶようにしましょう。

■ ■マンションに住むなら「5階」が最強!

もしもあなたがマンションに住むとしたら、“階数”にも注目してみましょう。

“奇数階”が理想的で、特に3階、5階、7階に住むのが縁起が良いとされてます。

中でも“5階”は最強のフロアで、そこに住めば金運も恋愛運もグングンアップすると言われています。

“5”は人生に大きな変化をもたらしてくれる数字なので、あなたの新生活を大いに後押ししてくれるでしょう。

■ ■澄んだ川が近くに流れていると人に恵まれる

家の近くに澄んだ川が流れているとしたら、そこはかなりの“当たり物件”です。そのような場所に住むことで、あなたは人間関係や恋愛に恵まれます。

“水”は風水的に、人の流れを意味するもの。その水が澄んでいれば、あなたの新生活は楽しく豊かなものになるでしょう。逆に水が濁っている川は良くありません。

また、あまりにも川の距離が近すぎる物件は避けるようにしましょう。見える程度の距離が良いのです。

■ ■家の前側が低く、後ろ側がやや高い土地になっていると大吉!

家の前側がやや低く、後ろ側が高くなっている土地を「晋土(しんど)」、その逆を「楚土(そど)」と言い、風水では前者は吉、後者は凶とされています。

晋土のような環境にある家に住めば、家の前方からの新鮮な気が入り込み、家中が豊かになっていきます。そのため、あなた自身も生気に満ち溢れ、様々なことが上手くいくように。

逆に、楚土に住んでしまうと、健康や精神を害してしまう恐れが……。新生活を始める際には、家そのものだけでなく土地もよく観察しましょう。

新年度は、仕事・人間関係など様々な問題が起こりがち。それをネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに受け止める心をつくるには、やはり“住環境”が大切になってきます。

家はあなた自身をリセットする場所。気持ちよく新生活をスタートするために、ひとつの参考にしてみて下さいね。

(C) oneinchpunch /shutterstock(C) Jeffrey Schwartz /shutterstock(C) yoshi0511 /shutterstock(C) David Papazian /shutterstock

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ