廃墟のイメージが“変わる”廃墟展が2018年3月から名古屋で開催

Walkerplus

2018/3/14 19:15

廃墟を題材とした写真展「変わる廃墟展」が、名古屋市中区の展示場「TODAYS GALLERY STUDIO NAGOYA」で2018年3月30日(金)から4月15日(日)まで開催される。本展では、見ているだけで廃墟のイメージが変わる、廃墟のもつ美しさに注目だ。入場料は500円で、3歳以下は無料。

参加アーティストは、Instagramフォロワー数が3万人を超える啝(わ)さんをはじめとした全13組。会場内の特設ブースでは動画作品も公開されるので、まるでその場に行ったような臨場感も楽しめる。

なお先着2000名にはオリジナルのポストカードがもらえる。そのほかにもグッズ販売が行われ、各作品を用いた箱ティッシュ(2種、各650円)や学習ノート(6種、各400円)、クリアファイル(2種、各350円)などが買える。

廃墟ならではの迫力のある写真は男女問わず楽しめること間違いなし。この機会に廃墟の新しい魅力を体感しよう!(東海ウォーカー・達知瑚都海)

https://news.walkerplus.com/article/137301/

あなたにおすすめ