鈴木亮平、二階堂ふみ演じる運命の女性は「女戦士みたいでたくましい」

クランクイン!

2018/3/14 19:00

 鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』の鹿児島・奄美大島ロケが14日に行われ、西郷吉之助を演じる鈴木と、吉之助の運命の女性・とぅま(=愛加那)を演じる二階堂ふみが取材に応じた。

【写真】「二階堂ふみ」フォトギャラリー

この日は、5月13日放送の第18回のシーンを収録。斉彬(渡辺謙)を失い幕府を追われ絶望の中で奄美大島に島送りになった吉之助は、誰に対しても心を閉ざしていた。だが島のさまざまな事情を知っていく中で、島の暮らしをもっと教えてほしいと、島の娘・とぅまに頼む。

吉之助が島流しとなった奄美について、鈴木は「実際に西郷さんがいた地で、空気を感じながら撮影できるというのは、特別なものがあり、自然と、西郷さんの当時の思いに近づいていっているような気がします」と感慨深げ。嵐の場面では実際に嵐になったり、旅立ちのシーンには快晴になったりと、不思議なものを感じながら撮影を行っているそう。

吉之助が初めて男女の愛に目覚め、結婚し子宝にも恵まれる愛加那については、「今までの西郷どんには全く出てこなかったタイプの女性で、女戦士みたいでたくましくて、男性に敬語を使わない女性」と印象を語る。「愛加那の持つエネルギーと、二階堂さんのエネルギーが合わさって、すごく魅力的な女性になっていると思いますし、この女性なら西郷さんを変えていっただろうなと思わせる愛加那像になっています」と二階堂演じる愛加那を絶賛した。

一方の二階堂は、「島の方々とお話をしていると、みなさんすごく愛加那さんを愛していらっしゃって、そういう方々の気持ちであったりとか、見えない力みたいなものに、助けられながら撮影させていただいているなと感じています」と明かす。さらに「鈴木さんが演じられる西郷さんは、人間味と温かさがありますので、島編でもそんな西郷さんの姿を楽しみにしていただければと思います」と視聴者にメッセージを届けた。

NHK大河ドラマ『西郷どん』は、NHK BSプレミアムにて毎週日曜18時、総合テレビにて20時放送。

あなたにおすすめ