あの魔法学校も登場!『ファンタビ』新作の初映像解禁

クランクイン!

2018/3/14 17:41

 11月23日公開の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』から、初映像となる予告編が世界一斉解禁された。そこには若き日のダンブルドア先生やホグワーツ魔法魔術学校などが初登場し、約2分ながら壮大な冒険の始まりを予感させる映像となっている。

【写真】前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』フォトギャラリー

『ハリー・ポッター』の新シリーズとして、全世界約900億円の興行収入を叩き出した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の最新作の舞台は、ロンドンとパリ。イギリスに戻った魔法動物学者の主人公ニュート(エディ・レッドメイン)は、強大な敵の魔法使い・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をも脅かしかねない彼を追い、ニュートはダンブルドア先生(ジュード・ロウ)と共に、魔法動物(=ビースト)たちを引き連れてパリに向かう。

今回の映像は、前作に登場しなかったハリー・ポッターたちの学び舎・ホグワーツ魔法魔術学校に、魔法省の魔法使いたちがやってくるシーンから始まる。彼らが進む先にいたのは、若き日のダンブルドア先生。ニュートの行方を問いただされたダンブルドア先生の回答と態度から、二人の信頼関係がうかがえる。

さらに、ニュートの相棒の魔法動物“ボウトラックル”が走るかわいらしい姿や、ほうきで空を飛ぶ魔法使い、魔法学校の生徒たちなど、シリーズのファンにはおなじみのシーンも。前作でニュートが出会ったニューヨークの魔法使いティナ(キャサリン・ウォーターストン)、ティナの妹の魔法使いクイニー(アリソン・スドル)、魔法が使えない普通の人間ジェイコブ(ダン・フォグラー)ら仲間たちの姿もしっかり映っている。

今作でダンブルドア先生を演じるのは、アカデミー賞に2度ノミネートされた経歴を持つイギリスの名優ジュード・ロウ。物語の鍵を握るグリンデルバルド役のジョニー・デップの怪演にも期待が集まる。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国公開。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ