5日間煮込んでつくる「牛たんカレー定食」

ぐるなび

2018/3/14 17:10

3月13日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系、午後16時50分~)では、行列ができる路地裏の名店を特集した中で、「牡舌亭」(東京都千代田区)が紹介された。

同店は都営新宿線小川町駅から徒歩2分ほどにある牛タン専門店。丁寧に炭火で焼き上げた「たん焼き定食」(1,350円)が看板メニュー。牛タンの柔らかさの秘訣は仕込みに時間と手間をかけること。塩を振ったお皿に牛タンを並べてまた塩を振り牛タンを重ねるを繰り返し、およそ牛16頭分の牛タン500枚を積み上げ1週間冷蔵庫で熟成させる。牡丹の花のように並べると熟成が均等に進むのだとか、またこの形が店名の由来にもなっている。黒住佑子さんは「やわらかいですね。口に入れた瞬間おいしい肉汁がジュワッと広がってくるんですよ。かめばかむほど牛タンのうま味が前に出てくるんですよ」とコメント。

「牛たんカレー定食」(1,350円)は、下味をつけた牛タンをソテーして肉汁を閉じ込め赤ワインだけで丸1日煮込み、10種類の野菜とスパイスを加え4日間煮込む。最後に前日までのカレーに継ぎ足して1晩馴染ませて完成する計5日間煮込んでつくっている。黒住さんは「トロトロです牛タンのうま味がジュワ~と出てくるんですよ。カレーのルーもちょっとピリ辛でフルーティーでこれもまたいいバランスです」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

あなたにおすすめ