清楚で大人な指先に♡パープル×ホワイトのネイルデザイン特集

Itnail

2018/3/14 17:00

今年の人気カラーであるパープルと、ネイルの定番カラーであるホワイト。これら2つのカラーは、組み合わせることによってお洒落度がUPします。ここでは、大人女子の皆様におすすめしたい「パープル×ホワイト」のネイルデザインをご紹介します。

■ パープル×ホワイトの大理石ネイルで涼しげに

Dolce.Nail (埼玉)



via itnail.jp

少しずつ暖かくなってくるこれからの季節には、パープル×ホワイトの大理石ネイルがおすすめです。
クリアベースにこの2カラーを使って大理石アートを施していくと、適度な透け感のある涼しげなネイルが完成します。

5本全てを大理石ネイルにするのもいいですし、5本のうち1~2本を大理石ネイルにして、残りの爪はホワイトもしくはパープルのワンカラーネイルにする、というのもおすすめです。仕上げに爪の周りをラメで囲んだり、爪先にラメを乗せてスキニーフレンチのようにアレンジしたりするのも素敵ですね。

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)



via itnail.jp

■ セルフアートにはパープル×ホワイトの塗りかけネイル

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)



via itnail.jp

次にご紹介するのは、パープル×ホワイトで作る塗りかけネイルです。塗りかけネイルはお好みのカラーを爪先に塗るだけで完成するため、セルフネイル初心者さんでもほぼ失敗なく楽しんでいただけます。

2018年はビジョナリーミントやウルトラバイオレットがトレンドカラーとなっていますので、パープルとホワイトの他に、これらのカラーをプラスしてみてもいいでしょう。仕上げにラメやホイルアートをプラスしたり、メタルパーツやスタッズを使ってエスニックテイストなデザインにしたりするのもおすすめです。

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)



via itnail.jp

■ パープル×ホワイトのフラワーネイルも可愛い

noooooca. (東京都港区)

noooooca. (東京都港区)



via itnail.jp

パープル×ホワイトの組み合わせは、フラワーネイルに取り入れても可愛く仕上がります。

例えば、ベースカラーをホワイトにして、パープルを使ってラベンダー柄を描くのはいかがでしょうか。大人っぽいデザインに仕上げたい場合は、フラワー模様の輪郭を細いブラックラインでなぞるといいでしょう。

フラワーネイルは、5本全ての爪にアートをするとゴチャゴチャした感じになることがあります。なので、お好きな爪2~3本くらいにフラワー模様をアートすることをおすすめします。
パープルの色味を変えたり、ホワイトの透明感を調節したりすると、同じデザインでも全く違った仕上がりを楽しめますよ!
ストーンやパールを加えて、より女性らしいデザインに仕上げるのもいいですね。

Itnail編集部

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ