山田孝之×長澤まさみ×福田雄一監督『50回目のファーストキス』主題歌を平井堅が書き下ろし 予告にはムロツヨシ(タトゥー入り)の姿も

SPICE

2018/3/14 15:30


6月1日公開の映画『50回目のファーストキス』の主題歌を平井堅が書き下ろしていることがわかった。また、楽曲「トドカナイカラ」を使用した予告編も解禁されている。

『50回目のファーストキス』は、ピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア出演で2004年に製作されたロマンチック・コメディ『50回目のファースト・キス』の日本リメイク版作品。ハワイの水族館で獣医師として働くプレイボーイ・大輔(山田孝之)と、一晩で記憶がリセットされる“短期記憶喪失障害”の女性・瑠依(長澤まさみ)の恋を描いた物語だ。メガホンをとったのは、映画『銀魂』やドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一監督。

解禁された予告篇では、大輔(山田)がカフェで瑠依(長澤)に一目惚れするシーンから、ハワイの美しいロケーションでの二人のデートや「ファーストキスって最高!」と叫ぶ瑠衣などのロマンティックな映像、そして一転して、繰り返される出会いに苦悩する瑠衣と、涙を流す大輔の姿など、コメディを主戦場とする福田監督らしからぬシリアスなラブストーリーが展開。一方で、腕にタトゥ―の入ったムロツヨシや、佐藤二朗など、福田組おなじみの面々も確認できる。


また、予告編では、平井堅による主題歌「トドカナイカラ」も同時に解禁。制作会社プラス・ディーの松橋真三プロデューサーは、「最近、恋愛映画はティーンのものになって、大人が観たいものが少なくなっている印象があります。『50回目のファーストキス』で、我々は恋愛映画を大人に取り戻したいと思っています。そのために、どうしても平井堅さんの力が必要でした」と、起用理由を明かす。また、オリジナル版の映画も鑑賞し、これまでにも数多くの映画主題歌を担当してきた平井は、「愛とは継続するものだけれど、実は日々忘れて思い出しての繰り返しの中で構築され、磨かれていくものなのかもしれない」と、主題歌に込めた想いを語っている。

平井、松橋プロデューサーのコメントは以下の通り。

平井堅 


オリジナル映画も大好きだったので、このお話を頂いた時は勝手にデスティニーを感じました(笑)

愛とは継続するものだけれど、実は日々忘れて思い出しての繰り返しの中で構築され、磨かれていくものなのかもしれない。そんな思いで書きました。“トドカナイカラ”がトドキマスヨウニ。

松橋真三(プロデューサー/プラス・ディー)


最近、恋愛映画はティーンのものになって、大人が観たいものが少なくなっている印象があります。

『50回目のファーストキス』で、我々は恋愛映画を大人に取り戻したいと思っています。

そのために、どうしても平井堅さんの力が必要でした。

映画のエンドで、愛する人を絶対に幸せにするという強い決意が、平井堅さんの主題歌とともに私たちの胸に強く響きます。

愛することは決して甘いだけではないかもしれない。

でも、愛の力を信じて生きて行きたいと思うのです。

映画も主題歌も傑作です。

ぜひ公開を楽しみにお待ちください。

映画『50回目のファーストキス』は2018年6月1日(金)全国ロードショー。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ