芸能人になるチャンスはバイトにあった? 有名芸能人と素人時代から知り合いだった人気芸能人たち

日刊サイゾー

2018/3/14 11:00


 芸能人が素人時代、すでに芸能界で活躍していたタレントと縁があったというエピソードは意外と多い。

まずは女優の菜々緒とミュージシャンの椎名林檎。菜々緒が2012年6月3日に放送された福岡のローカルテレビ『ナイトシャッフル』(FBS)で語った内容によると、菜々緒は高校生の頃に雑誌「セブンティーン」(集英社)の専属モデルオーディションに挑戦し最終選考まで残るなど芸能界入りを目指していたが、高校卒業後もなかなかうまくいかない日々を送っていた。

そんな時に、菜々緒は地元の焼肉店でアルバイトをしていたのだが、そこの常連客として椎名が来訪。2人は顔なじみの仲になったという。そうこうするうちに、菜々緒は努力が実って、『東京ガールズコレクション』の“2009ミスTGCグランプリ”、“2010三愛水着イメージガール”と次々に注目を浴び芸能界デビューを果たした。

すると、そんな菜々緒の姿をテレビのニュースで知った椎名が、焼肉屋にお祝いのプレゼントを持ってやってきてくれたという。菜々緒は番組内で「林檎さんが、お店に持ってきてくれたのがこれなんですよ」と言いながら、黒いCHANELの財布を披露。さらに菜々緒は「お財布は1年に1回新しくした方がいいと聞くけど、これはもう3年目です」と言い、恩人からの贈り物を大事に使っている様子をうかがわせた。現在も菜々緒は林檎の大ファンであるといい、仕事で顔を合わせることがあると嬉しいと語っていた。

「さすが椎名林檎、という感じの粋な行為ですよね。当時の菜々緒さんにとって感動的なプレゼントだったでしょうね。そのうち2人のコラボの仕事なども実現しそうです」(芸能事務所勤務)

また俳優の長谷川博己とイラストレーターで作家のリリー・フランキーは、実は元原稿取りのアルバイターと作家の関係。長谷川が出版社でアルバイトをしていた時代、締め切りを破ることで有名なリリーの原稿をよく取りに行っていたことを、16年6月14日に行われた映画『二重生活』の完成披露試写会で2人がトーク。リリーは「学生の頃彼が出版社でバイトをしていて、僕の原稿を取りに来ていたので、しょっちゅう家に来ていたんですよ」と話し、長谷川も「20年前ですね」と懐かしそうにしながら「ピンポン押しても、よく居留守を使われていた」と当時を振り返った。

さらに映画好きのリリーは仕事場に日本映画のエッチなポスターを貼っていたが、他の編集者がドン引きする中、長谷川だけはポスターに興味を示していたと明かしている。

「よほど縁がある二人なんですね。当時は映画監督になりたかったという長谷川さんにとって、リリーさんは憧れの業界人のような存在だったのでしょう」(出版社勤務)

最後は、おぎやはぎ・矢作兼と極楽とんぼ・加藤浩次。矢作は自身のラジオで「浩次くん(加藤浩次)と知り合ってなければ、芸人になってないわけだから」「俺たちと極楽とんぼの関係、知らない人も多いと思うけど。もうね、師匠と弟子みたいな感じだから」と発言。おぎやはぎの先輩が加藤に「お笑い芸人になりたい後輩」として2人を当時、加藤がバイトしていたバーに連れて行ったのがなれそめ。しかし、加藤が「どういうお笑いやりたいの?」と聞いても、2人は「どういう笑いをやりたいとか、僕ら別にないんですよね」という煮え切らない返事。そんな2人に加藤は最終的に「なめてんじゃねえぞ」と怒ってしまったという。

しかし、その場にいたテレビディレクターのマッコイ斎藤が場を丸くおさめた上に、加藤と遊ぶ時は矢作を誘うようになり、矢作と加藤は仲が良くなっていったのだとか。

「矢作さんに人力舎所属を勧めたのも加藤さんだといいますし、おぎやはぎの2人は極楽とんぼの単独ライブに出演し、極楽の漫才を見ながらお笑いの基本を学んだと公言しています。加藤さんは矢作さんを溺愛しており、ラジオでも飲みに誘える芸能人について『オレ、もう本当に矢作だけ』と語っています」(放送作家)

芸能人たちの感動的なエピソードの数々に、なんだかホッコリしてしまう。

あなたにおすすめ